Q:牧師さんって、どうやって生活しているんですか?

   

よく聞かれる質問です。わたしの両親からも聞かれます。クリスチャンでないので、息子が、どうやって生活しているのか、なおさら心配なようですが…。

①いろんな形がありますが…。

牧師の給料のことを、教会では謝儀と言ったりします。謝儀も教会の様々な活動も、元は、信徒や牧師、一人一人の献金です。

謝儀のあり方は、いろいろです。個々の教会会計から、というのが基本ですが、教派教団から直接出ているところもあります。

教派で、基準を設けて一定額を支給しているところもあれば、各々の教会に任せているところもあります。

地方の小さな教会を経済的に支えるために、互助制度を設けて、支援金を出している教派教団も多いですね。

福利厚生では、ある程度の規模があって、健康保険に厚生年金という教団教派もあれば、国民保険に国民年金という牧師もけっこういます(わたしはこっち)。源泉徴収か、確定申告かも、それぞれですね。

②鹿追キリスト教会の場合

個人的なつながりから、応援してくださっている方々はいますが、既存の教団教派に属していない単立の教会なので、組織的な支援はありません。

なにせ、始まったばかりの小さな教会なので、教会から牧師に謝儀を出すというところまでいってません。
でも、教会活動に必要な経費は、なんとかまかなえています。感謝です。

私たちの属している聖書フォーラムというグループは、「自立と共生」をキーワードにしています。経済的にも、個々に自立していることが前提です。

それぞれのフォーラムのリーダーも、仕事を持ちながら活動されています。

わたしの場合は、大きな教団に属していたのを自立して始めたので、今の収入は、ホテルでの結婚式の司式が大きいですね。牧師の資格を生かせる、唯一の副業でしょう。

今年一年に関しては、生活のめどもついてきたかな…。

③これからの地方教会の宣教活動

地方では、存続が困難になっている寺院が増えていると聞きます。キリスト教会でも、ほとんどの教団教派で、信徒数が減少している現状があります。

この道東でも、既存の教派教団のほとんど牧師は、二つ、三つの教会を兼任しています。100キロ以上離れた教会を兼任という方もざらですね…。

かつては、一教会に一人、専属の牧師がいるというのが前提のようになっていました。

しかし、これからますます少子高齢化の傾向が強まる中で、仕事をして生活の糧を得ながらというありようが、必然的に求められていくように感じています。

神様が、食べさせてくださってます。

周りの牧師家庭を見ていると、なんだかんだで、多くの子どもたちが、進学しているんですよね。

うちの娘も、牧師家庭で音大なんて!! と思いましたが、なんとかなっているのが不思議です。
奨学金をもらったり、バイトに励んだり、本人の努力ももちろんありますが、最終的には、神様がなんとかしてくださってるのだと強く思います。

聖書の神様は、約束を守る方ですから!!
神様の招きに応えて、歩み出したなら、ちゃんと必要を満たしてくださるのです♪

「だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」マタ 6:33

これって、下世話すぎる?! そんな質問にも、せいいっぱい、お答えします。

質問のある方は、コメント欄にお願いしますね。

 - 下世話な?!質問コーナー , ,