Q:カルト化した教会の特徴って?

   

Q:今さらな質問ですみません。カルトって言いますけど、
どういうものをカルトって呼ぶんでしょう? 特徴を教えてください!!

 

一般的なカルトの特徴を押さえつつ、特に、カルト化したキリスト教会の場合の具体例を挙げて説明しますね。

特徴1. 権威主義的な指導者

カルト化した教会には必ず、権威主義的な指導者がいます。

この指導者は、「神が立てられた特別な器」であり、「神の言葉を取り次いでいる」のだから、従わねばならないなどと言うのです。

このような指導者は、信徒を信頼せず、私生活にまで介入します。交際相手まで決めてしまったりするのです。

指導者に逆らうことは、神に逆らうことになり、権威づけのために従順を求める聖書箇所が引用されます。

こうして指導者は神と一体化し、信徒は、キリストが喜ぶことではなく、指導者が喜ぶことを考えるようになります。

不従順な信徒は、不信仰だ、高ぶっていると罪責感を負わされ、悪霊呼ばわりされて呪われることすらあります。

特徴2. マインドコントロール的手法

指導者の強い支配下で、信徒は自分では何も決められなくなっていきます。

疑問を感じることがあっても、強い罪悪感を抱いて打ち消してしまうのです。

マインドコントール的な関係とは、権威的な指導者と依存的な信徒によって造り上げられるものです。

指導者は、自分には特別な霊的体験や、啓示、知恵、権威、知識があると告げ、絶対的な服従を信徒に求めます。

 

また、信徒を依存的にさせるために、神の権威を強調し、情報を制限し、恐怖を植え付けます。

不利な情報は禁じられます。多くの場合、お金の流れに関する情報は、一般の信徒は知らなくてよいことだとされます。

指導者の私生活に秘密の部分が多くある一方、説明義務はありません。

指導者は特別だと、全てが不問に付され、誰もそれを問いもしないのです。

特徴3. 極端な排他性

カルト化した教会は、信徒が他の教会の信徒と交流することを好みません。

カルト化が進むほど制限は厳しくなり、交際相手や結婚相手すら、教会内に限定するということも生じます。

さらに、その教会を去った人には、「恩知らず」「不信仰者」「裏切り者」「サタン」などとレッテルが貼られ、非難されます。

離れようとすれば、「あなたのところに神はおられない」「悪霊に取り憑かれる」「地獄に落ちる」などと脅されます。

一方で、自分たちこそ、本物の、愛にあふれる教会であり、他にはない、ここだけが真実だと、繰り返し強調されます。

特徴4. 実際に被害が出ている

実際の被害が生じているのが、カルトです。1~3の特徴を備えたカルト教会は、被害を生じているでしょう。

その被害とは、人格崩壊、人権無視、肉体的・精神的健康への悪影響、セクハラ等の様々なハラスメント、虐待、家庭崩壊、経済的損害、人生計画への狂いなど、様々なものが挙げられます。

しかし、ほぼ例外なく、カルト教会の指導者は、信徒への被害について、謝罪も弁償もしません。

そのため、信徒は、最終的に法的手続をとらざるを得なくなってしまうのです。

 

信徒を立ち上がらせるのは、放置すれば被害者が増え続ける現実です。

法的手続きに対して、世に訴えてはならない(Ⅰコリ6:1)という聖書箇所を挙げて非難する意見があります。

しかし、こう言っているパウロ自身、ローマ皇帝に直訴しています。

パウロは、エルサレムの大祭司や律法学者たち、偽りの宗教指導者たちの告訴に対し、ローマ法廷での正しい裁判を求めて上訴したのでした。

カルト指導者を、必要ならば法的に訴えることは、聖書的に肯定できます。

二次被害を防ぐために!!

カルト化した教会の被害が拡大してしまう要因の一つが、所属教団や周囲の教会、指導者が、問題を軽んじてしまうということにあります。

問題解決を任された者が、喧嘩両成敗というような態度で、加害者と被害者に「公平」に接し、たいした問題ではないと片付けてしまう。そのようなケースが少なくないのです。

仲介者が、被害者に沈黙を強いたという悪質なケースもあります。

勇気を出して周囲に訴えたのに、理解されず、むしろ、自分が悪者にされてしまう。どれほどの傷を、当人は負わされてしまうことでしょうか。

カルト指導者の多くは、外面的には体裁も良く、むしろ、信頼や評判を得ていることが多いのです。

カルト指導者には、平気で嘘をつく二面性があるのですから、聞き取りは事実確認を中心に丁寧に行い、それに対する判断は、慎重にするべきです。

 

主イエスは、偽預言者を実で見分けなさいと告げられています(マタ7:16)。

具体的な被害が出ているなら、言葉に惑わされず、事実を見極めるべきです。

判断基準はまず、被害者にある。それが、原則です。

二次被害を防ぐためにも、まずは被害者に寄り添い、その話に真摯に耳を傾ける必要があります。

判断においては、利害関係の外にいる第三者による検証が求められます。

カルト問題の専門家に助けを求めることは、非常に有効でしょう。

健全な教会とは?

カルトの特徴を逆にすれば、あるべき地域教会の姿が浮かび上がります。

①教会の権威は聖書にあり、神ご自身にあります。

指導者は、聖書を正しく説き明かす限りにおいて、神の権威を委ねられているに過ぎません。

②聖書の求める信仰は、自発的な応答に基づくものでなければ無意味です。

マインドコントロールとは対極にあることを覚えましょう。

③福音を土台としたすべての教会は、一つのキリストの体に属しています。

ここだけが唯一正しい地域教会だ、などとは言えないのです。

他の教会の人々との交わりを持っていることは、とても大切なことだと思います。

【参考資料】

「教会がカルト化するとき」 ウィリアム・ウッド いのちのことば社

「カルトからの脱会と回復のための手引き」 日本脱カルト教会

【関連記事】

Q:どうして教会が、カルト化するの?

 - 教会のいろいろ, 聖書いろいろ Q&A ,