帯広バイブルスタディ、オープン講座からスタート!! 「激変するグローバル時代の一般教養 聖書の世界観・終末観」

   

2週間遅れましたが、9月から帯広バイブルスタディ、スタート!!

最初の3回は、一般の方々に広く呼びかけて、オープンな講座として行います♪

地震により中止となってしまった講座を、直近のテーマも盛り込みんで、さらに内容充実でお届けします。

聖書に関心はあるけれど、教会はちょっと敷居が高くってという方も参加しやすいように。会場は、帯広駅前のとかちプラザです。

ごあんない

多発する災害、紛争やテロ…。激変する世界で、とりわけ求められているのが、価値観の異なる人々と、どう理解を深めていくかということではないでしょうか。

聖書を土台とする信仰に立つ人々は、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教を合わせて、世界の半数以上を占めています。

一神教、啓示宗教とも呼ばれる、これらの宗教の特徴は、それぞれに明確な一つの世界観、歴史観を持っていて、現実社会にも大きな影響を及ぼしていることです。

そんな一神教の世界観について、ビジュアルをふんだんに用いて、なじみのない方にも、分かりやすくお話します。

グローバル時代の一般教養として、国際ニュースの理解を深めたり、ビジネスに生かしたり、役立てていただければ幸いです。

9月20日(木)
19:00~20:30
とかちプラザ 305号会議室
第1回
「聖書の世界観・終末観 三つの宗教から」
~一神教の世界をのぞいてみよう~
10月4日(木)
19:00~20:30
とかちプラザ 306号会議室
第3回
「聖書の民・イスラエルとは?」
~選びの民の苦難の旅路と終着地~
10月18日(木)
19:00~20:30
とかちプラザ 306号会議室
第3回
「聖書の終末観と世界との関わり」
~時代の今と未来を聖書から読み解く~

※もっと学びたいという方には、1年間、月2回ずつ、24回で、聖書全体を概観する講座を開催する予定です♪

 - NEWS ,