動画&まとめ マルコ14:12~31 新しい契約の主と共に 過越の食事・最期の晩餐

   

1. 過越の食事の準備 14:12~16

目前に迫った過越の食事の場所をイエスにたずねる弟子たち。

遣わされて行くと、告げられた通りにことは運び、準備万端、整えられました。

これも小さな奇跡です。

子どものお使いのように忠実に従うなら、主ご自身が成し遂げてくださいます。

2. 裏切りの予告 14:17~21

日没後に始まった過越の食事。その場でイエスは弟子の裏切りを予告します。

「まさか私では」と動揺する弟子たち。
同じことを言ったユダにイエスは、「あなたが言ったとおりだ」と返しました。

ユダだけが、イエスの真意をくみ取ったのでした。

 

イエスは十字架で死ななければなりません。

しかし、裏切りはユダ自身の選択です。もしユダが裏切らなかったら、神は、他の方法で十字架に向かわせたことでしょう。

神はご自身の計画を完全に成し遂げられます。一方、一人一人には、どう応答するか、という責任が問われています。

3. 新しい契約 14:22~25

ユダヤの過越の食事に、アフィコーメンという、今も行われている不思議な儀式があります。

袋に入った3枚の種なしパンの真ん中の1枚をとって割り、半分を布に包んで隠しておき、食事の後半で取り出して食べるのです。

これを指して、主は、わたしの体だと言われました。このパンは、復活のキリストを現すものです。

 

続く杯は、「贖いの杯」と呼ばれる過越の食事の3度目の杯。イエスの血で罪が赦されことを示します。

この時、弟子たちと交わした杯は、「新しい契約」の締結をも現していました。

 

エレミヤを通して約束された「新しい契約」は、過越祭に締結され、ペンテコステに施行されることとなります。

信じた者の内に住まわれる聖霊が、神に従う力を与え、成長させるのです。

弟子たちがイエスと再び杯を酌み交わすのは、再臨後の千年王国の時だということも、主は告げられました。

4. ペテロの否認の予告 14:27~31

食事の後、オリーブ山に向かう途中、イエスは、ペテロの否認を予告します。

「鶏が二度鳴く前に、三度イエスを知らないと言う」と。

しかしペテロは、決して申しませんと、力強く断言したのでした。

5. 神の計画と人の意思

憐れみ深い主は、悔い改めの機会を何度でも与えてくださいますが、その時は、いつまでも続くわけではありません。

多くの真理を知らされるほど、応答の責任は重くなります。

たくさんの学びや気づきの機会を与えられながら、拒み続けていくなら、最期には、主が、その人を頑なにされます。

それが、ユダのたどった道筋でした。

 

気づかされた時に、すぐに悔い改める、ペテロの素直さに学びたいと思います。

主に信頼する者を、主が悪の試みから守ってくださいます。

試練のただ中で使徒たちが支えられたのは、信仰の一歩を踏み出し続けたからです。

遣わされる時にこそ、主は、力強くご自身を現してくださいます。

主に助け求めつつ、信頼して次の一歩を踏み出しましょう。主が必ずあなたを助け、守り、導いてくださいます。

 - マルコ福音書 ,