十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝58 ヨブ記 あなたの腰に帯を締めよ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 


【メッセージアウトラインPDF・資料はこちら➡】58_ヨブ記_201108

ヨブ記とは

諸書で最も古い書簡がヨブ記です。文学書であり、戯曲の形で記されています。

年代、著者は不明。アブラハム以前のカナン東部のエドムが舞台だと推察されます。

聖書はヨブを、聖書を代表する義人、忍耐の人と記録しています。

 

第一幕  ヨブを襲う試練 1~2章

神を恐れる義人ヨブは、神に祝福され、家族にも富にも恵まれていました。

ある時、告発者サタンは、ヨブの不従順を証明しようとして、神から、ヨブに試練を下す許可を取りつけます。

子どもたちと財産を失ったヨブでしたが、それでも神を呪いませんでした。

サタンは、ヨブの健康も奪いますが、ヨブの信仰はそれでも保たれました。

 

第二幕  友人達との論争 3~37章

ヨブを見舞いに来た3人の友人。知者である彼らは、ヨブのあまりの苦難にかける言葉もありませんでした。

沈黙に耐え切れず口を開いた友人たちは、ヨブの罪が原因だと責めました。

孤独こそヨブへの最後の試練でした。

 

友人たちへの論争のただ中で、ヨブは驚くべきメシア預言を告げています。

「私を贖う方は生きておられ、ついには、土のちりの上に立たれることを。(ヨブ19:23~25)」

苦難の中で、ヨブの信仰は磨き上げられていったのです。

 

第三幕  神からの問い 38章~42:6

ついに神が口を開きます。

しかし、それは、ヨブへの答えではなく、神からヨブへの一方的な問いかけでした。

神の問いかけは、38章から42章まで。5章にも渡ります。

ヨブにできたのは、自分のちっぽけさを認め、沈黙することだけでした。

 

終幕  ヨブへの祝福 42:7~17

主は、3人の友人の罪の贖いのため、ヨブにとりなしを命じられました。

ヨブが友人たちのために祈ったとき、主は、ヨブを回復されたのです。

ヨブは、以前の二倍の祝福を得、新たに子をもうけました。

美しく主に従順な3人の娘たちは、当時の慣習の枠を越えて、相続地を与えられています。

この後、140年生きたヨブは、主の祝福に満ち足りて生涯を終えたのでした。

 

ただ主の恵みに圧倒されよう

人は、なぜかと問いますが、苦難の理由などわかりません。

私たちにとって何より重要なのは、行いや言葉ではなく、何があっても主を見上げ、主に向かい続けるその姿勢です。

主のみ顔を仰ぎ見る時、あなたと神の間には、サタンすら入り込む余地はありません。

 

苦難と孤独にあってヨブは、なお主を見上げ続け、主に向かって訴えることをやめませんでした。

不平不満があるなら、人にぶつけず、主に向かって叫べばいいのです。

神に喧嘩を売れば、人は必ず敗退します。

打ち砕かれた人こそ、誰より大きな恵みに預かることができるでしょう。

 

人はただ、信仰により、恵みによって救われます。

期待は裏切られ、願いは叶わないかもしれません。大切なのは、ただ主の御顔を見上げること。それこそ、信仰者の特権です。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved.