十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝72 士師⑥ 10~12章 エフタ 独りよがりの信仰の末路

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 


【メッセージアウトラインPDF・資料はこちら➡】72_士師記⑥_10~12章_エフタ_210221

 1.イスラエルの罪 10章6~18節

背教のイスラエルを、主は、ロトの子孫アンモン人によって裁きました。

神はなお、民を見捨てることなく、忍耐して悔い改めを促されました。

アンモンは大軍を結集し、ヨルダン側東岸で、イスラエルとのかつてない激しい戦いが始まろうとしていました。

 

 2.アンモン人との交渉 11章1~28節

遊女の子エフタは、家を追い出され、異邦のトブの地で、ならず者たちと徒党を組んでいました。

指揮官不在の危機に、ギルアデの長老たちは、エフタに白羽の矢を立てます。一度は拒んだエフタでしたが、首領となることを承諾します。

 

エフタは、イスラエルの遠い親族でもあるアンモン人に、和解の使者を派遣します。

しかし、アンモンの王は、イスラエルが奪った土地を返すようにと、無理難題をふっかけてきました。

 

エフタは、歴史的記録から、イスラエルは、アンモンの地を奪っていないと告げています。

東岸の土地は、アモリ人を打ち倒して得たものでした。

アンモンの王は、これを聞き入れず、いよいよ戦争は不可避なものとなります。

 

 3.エフタの誓願 11章29~40節

聖霊を受け戦いに臨んだエフタは、とんでもない誓いをします。

帰還した時、最初に家から出てきた者を全焼のささげ物とすると決めたのです。

律法は、人身供養を厳しく禁じています。全焼のささげ物にできるのはきよい動物だけです。

主に仕える献身を誓った場合にも、買い戻しをすることが認められていました。

 

主によって勝利を得たエフタが家に戻ると、最初に出てきたのは、ひとり娘でした。

娘は二ヶ月、嘆きの時を過ごした後、命を絶たれました。

これは、信仰ではありません。エフタの独りよがりな思い込みが娘を殺したのです。

 

 4.エフライムとの戦い 12章

エフライム族がエフタに、戦いに参加させなかったと抗議し、脅します。事実無根のいいがかりでした。

エフタは、戦いに勝利すると、ヨルダン川の渡し場を押さえ、エフライムの生き残り4万2千人を虐殺しました。

エフタの残忍さ、非情さに絶句します。

 

この後、イブツァン、エロン、アブドンと3人の士師が登場しています。いずれも平和の時代だったようです。

多くの孫がいた高齢の士師アブドンは、大虐殺を受けたエフライム族でした。主の憐れみを感じます。

 

 5.信仰者が落ちこむとき

エフタの罪は、律法を無視し、自分の思いを優先させたことです。独りよがりの信仰が悲惨な末路を招きました。

クリスチャンが罪に陥る原因も一つです。主の御声に聴き従わず、自分の思いを正当化し、御言葉を独りよがりに解釈することです。

自己中心の罪に陥ったと気づかされたなら、主に立ち返りましょう。

主が求める悔い改めとは、具体的な一歩を正しい方向に踏み出すことです。主に第一に聴き、従い歩んでいきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2021 All Rights Reserved.