十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝94 ダビデ篇⑩ サムエルⅡ記4~6章 エルサレムに上る 210808

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 


【資料はこちらからどうぞ➡】 94_ダビデ⑩_サムエルⅡ4~6章_エルサレムへ上るダビデ_印刷用_210808

1. イシュ・ボシェテの暗殺 4章

ベニヤミン族のベエロテ人バアナとレカブが、同族のイスラエルの王イシュ・ボシェテを寝床で暗殺します。

取り入ろうと首を持ってきた二人をダビデは殺し、死体はさらされました。

ダビデは、神の御心に適う裁きとして、厳しく悪を裁いたのです。一方イシュ・ボシェテの首は手厚く葬りました。

 

2. エルサレム攻略 5章

イスラエル全部族はダビデを王と認め、油を注ぎました。

ダビデは、7年半をユダの王、33年をイスラエルの王として、計40年、治めることとなります。

ダビデは、エブス人を攻め、エルサレムの町を勝ち取りました。

地理的には、イスラエル11部族とユダ族の境界にあり、三方が谷の天然の要害。ここを新たなイスラエルの都としたのです。

 

ダビデは、異邦人のツロの王ヒラムの協力を得て、エルサレムに王宮を建てました。

さらには、多くの妻と側女を迎えますが、これは律法が禁じること(申17:17)。後に息子たちの間に争いの火種が生じることとなります。

ペリシテ軍が二度にわたって侵略してきますが、ダビデは、それぞれ、主の声に従って、敵を撃退したのでした。

 

3. エルサレムに上る 6章

ダビデは、80年間キルヤテ・エアリムにあった神の箱を都に運び上げようとします。しかし、祭司ウザが罪を犯して神に討たれ、ダビデは恐れました。

契約の箱を、律法の命じる方法で運ばなかったことが原因でした。

悔い改め、律法に立ち返ったダビデとイスラエルは、神への敬意を尽くして再び箱を都に担ぎ上げます。

 

ダビデは、王としての尊厳を脱ぎ捨て、祭司のエポデをまとい、全身全霊で主を讃えて躍りました。

この姿をあざけったのがサウルの娘ミカルです。女奴隷の前で裸で躍ったと、これ以上ない言葉で王とイスラエル、そして神を侮辱したのでした。

ダビデは、断固としてミカルの言葉を退けました。ミカルは生涯、子を得ることはありませんでした。

 

歴代誌Ⅰ16:8~36に、この時のダビデの賛歌が治められています。

アブラハム契約を覚え、永遠の約束の神を全身全霊で讃える歌は、メシアの来臨を待ち望む信仰にまで昇華されています。

 

4. 来るべき神の都を覚えよう

エルサレム(平和の教え)は、民に神との平和を教える町。律法に従うことが、律法の時代の大原則でした。

今の教会時代は、教会で教えられるキリストの律法に従うことが求められます。

 

再臨の主イエスが、エルサレムを回復された千年王国で、世界の中心となったエルサレムに、すべての民が教えを求めて上るときがやってきます。イザヤ2:3(ミカ4:2)に約束されています。

どんな時代にも変わらず求められるのは、御言葉に立つことです。エルサレムの平和のために祈るとは、御言葉を学び、聞き従うことに他なりません。

主の約束の御言葉を、聖書に記されたイスラエルの歴史から、引き続き学び、血肉としていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2021 All Rights Reserved.