十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝99 ダビデ編15 サムエル記第二15~16章 アブサロムの反乱 人生の谷間を歩む時に

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 


【資料はこちらからどうぞ➡】 100_ダビデ⑯_サムエルⅡ17~18章_アブサロムの死_210919

 

1. アブサロムの反乱 15章

アブサロムは、戦車や兵を得て自分の力を誇示し、知恵と憐れみを演出し、イスラエルの人々の心を盗みました。

4年に渡る周到な準備を経て、アブサロムは王権を奪取します。

献身の誓願を口実に、イスラエルの代表をユダ族の由緒ある町ヘブロンに集わせ、自らの王への即位を宣言したのでした。

 

これを聞いたダビデは、すぐさま都を脱出しました。都と民を戦火に巻き込むことを避けたのです。

ダビデは、王宮の留守番に十人の側女を残しました。このことにより、神の預言が成就することとなります。

ダビデに付き従った者には、異邦人の改宗者たちも多くいました。その一人がペリシテ人でガテの町からの亡命者イタイでした。

逃亡生活を共にさせるのは忍びないと言うダビデに、イタイは、忠実に仕えることを示しました。

 

またダビデは、祭司たちを神の箱と共に都に残しました。都にとどまることが彼らの使命であったからです。

泣きながら裸足でオリーブ山の坂を上ったダビデの姿は、深い悔い改めと嘆願の祈りを表しています。

さらにダビデは、年老いた預言者フシャイを都にとどめました。彼の知恵が後にダビデを救うこととなります。

 

2. ダビデの都落ち 16章

亡き友ヨナタンの息子メフィボシェテ。その僕ツィバは、多くの贈り物を携えて来て、主人が王の恩を忘れてしまったと告げ口しました。この嘘にダビデは気づきませんでした。

そこに現れたのがサウル家に連なるシムイでした。シムイの吐く呪いの言葉をダビデは甘んじて受けました。ダビデの罪への叱責と受け取ったのです。

 

絶望の中で打ち砕かれてへりくだり、ダビデの主への信頼はむしろ強められています。

「主は今日の彼の呪いに代えて、私に良いことをもって報いてくださるだろう」と。

 

入れ違いでエルサレムに入城したアブサロムに、参謀アヒトフェルが進言したのは、ダビデの残した側女たちと寝ることでした。

アブサロムは、王の権威を誇示したこの行為は、はからずも、主がダビデに告げられていた懲らしめの預言の成就となりました。

 

3. 悔い改めつつ深める救いの確信

都落ちする中でのダビデの行動には、正しいことも誤りもありましたが、揺れながらも、主の前に悔い改め立ち帰っていったことが見て取れます。

懲らしめられる者は幸いです。父なる神が子とみなしてくださるからです。

 

喜び躍って都に上ったダビデは、自らの罪の結果、悲嘆の内に都落ちしましたが、その身は守られ、しばらく後に、再び王として都に戻りました。

ダビデの姿は、メシアの予型です。歓喜の中迎えられたメシアは、苦難の内に捕らえられ、十字架で死に、復活されました。

 

主イエスは生きて天におられ、王の王として戻って来られます。真実の神の都となったエルサレムに。

ダビデのように、主の約束を信頼して堅く立ち、御言葉の学びによって、救いの確信を深めていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2021 All Rights Reserved.