十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝111 ソロモン篇5 列王記第一8章 ソロモンによる神殿奉献

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 


【資料はこちらからどうぞ➡】 111_ソロモン5_Ⅰ列8章_神殿奉献_211205_改

 

1. 神殿奉献  8章1~21節

全イスラエルが集う中、神殿に契約の箱が運び入れられたのは、完成から11ヶ月後、秋の祭りに合わせてのことでした。

この時、神の栄光を示す雲が宮に満ちました。主が神殿に臨在されたのです。

全会衆にソロモンが宣言したのは、神殿は、モーセ契約とダビデ契約に基づくものだということです。

 

2. ソロモンの願い  8章22~53節

天地を造られた神は、神殿を通して、ご自身をイスラエルに明らかにされました。

ソロモンは民を代表し、契約を守られる神の御名によって祈りました。

神殿での祈りを主が天で聞かれるように。宮の前で正しい裁きがなされるように。

不信仰ゆえに敗退しても、悔い改めて、捕虜から解放されるように。

背きへの罰として、干ばつや様々な災害がくだされても、悔い改めて赦されるように。

異邦人が神を知り、神を恐れ、神が讃えられるように。主に遣わされた戦いに勝利するように。

たとえ罪のために捕囚となっても、悔い改めて帰還がゆるされるように。

土地の契約(申命記29、30章)に、イスラエルの背きと捕囚、帰還までもが、すでに予告されていました。

律法を熟知していたソロモンは、神の約束の確かさを土台として主に祈ったのです。

 

3. 主へのいけにえと祭り 8章54~66節

全身全霊の神への祈りの後、ソロモンはイスラエルの民を祝福しました。

祝福の礎も、神の約束にあります。

主の命令を守り、主の道を歩むなら、イスラエルは守られ続けていくのです。

地のすべての民が唯一の神を知る。全民族を救いに招き入れる。この祭司としての働きをイスラエルは負っています。

膨大なささげ物のために大きな祭壇が築かれました。

何百万人もの交わりの祝宴が開かれたことでしょう。

イスラエルの属国となった地域からも多くが集っていました。

イスラエルと異邦人による祝宴は、来たるべきメシアの王国の予型とも言えます。

 

4. イスラエルの祭りと神殿奉献

神殿奉献が合わせて行われた秋の祭りは、メシアの再臨を示します。

メシアご自身が神殿となる新天新地こそ、聖書が示す最終ゴールです。

律法を熟知していたソロモンは、神殿建設は、神の大きな計画の過程に過ぎないと理解していました。

待ち望むべきは、ダビデの末、メシアなのです。

 

今の時代は、福音を信じた私たち自身が神殿であり、主イエスの教えが土台です。

聖書を学び、日々を主に生き、喜びささげるなら、私たちは聖霊に満たされ、恵みと平安に満ち溢れます。

ソロモンが、イスラエルと異邦人のために願ったように、一人の魂が救われる祈りをもって日々に遣わされましょう。

私が今日なすべきことは、内住される聖霊が教えてくださいます。

示されたことに必ず取り組みましょう。主はチャレンジをよろこんでくださいます。

間違いに気づかされたなら、すぐに悔い改めたらよいのです。

主に従い歩む限り、主がすべてを益として用いてくださいます。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2021 All Rights Reserved.