十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝125 エリシャ篇2 列王記第二5章 ナアマン将軍の癒し

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

https://studio.youtube.com/video/ASQ2pR21JM0/edit
【資料はこちらからどうぞ➡】 126_エリシャ2_Ⅱ列5章_ナアマン将軍の癒し_220327

 

1.アラムの将軍ナアマン 1~5節

ツァラアトに冒されていたアラムの将軍ナアマンは、略奪で奴隷としたイスラエルの娘に、主の預言者なら治せると聞きます。

ナアマンを信頼する王は、申し出を許可し、イスラエルの王宛の信書まで持たせました。

 

2. 癒やしの奇跡 6~14節

北王国の王ヨラムは、アラムは、侵略の口実に無理難題を吹っかけたのだと言って激高します。

これを聞いたエリシャは王に、将軍ナアマンを自分のもとに寄こすよう進言しました。

しかしエリシャは、軍勢と引き連れてきた将軍と会うこともせず、7回ヨルダン川で身を洗うよう伝言しただけでした。

不敬に激怒したナアマンを、しもべたちがなだめます。身を洗うだけのことなら、やってみたらいいのでは、と。

ナアマンが、言われた通りに実行すると、彼はきよめられたのでした。

 

3. ナアマンの要望  6~14節

エリシャのもとに引き返してきたナアマンは、「イスラエルのほか、世界のどこにも神はおられない」と、異邦人にはこれ以上ない信仰告白をしました。

エリシャは、莫大な謝礼を固辞しています。決して受け取ってはならないと、主が命じておられたのです。

 

ナアマンは、二つのことを求めました。

故郷で主の祭壇を築くための土を得ること。

老齢の王の介助のため、偶像の神殿でひれ伏す形になるのを赦して欲しいということ。

エリシャは直接、可否を答えず、「安心して行きなさい」とだけ告げました。

 

4. 愚かな従者ゲハジ  20~27節

従者ゲハジは、ナアマンに嘘をつき、多額な謝礼の一部を手に入れます。

お見通しだったエリシャは、呪いを告げ、ゲハジはナアマンのツァラアトに冒されました。

イスラエル略奪によるナアマンへの呪いが、主を偽ったゲハジの内に下されたのです。

 

5. シンプルな信仰に立ち続けよう

部下から厚い信頼を得ていた謙遜な指導者ナアマンは、イスラエルの女奴隷に聞き、真実の預言者を求めました。

エリシャの言葉に激怒したナアマンは、部下の忠告に悔い改めました。

そして、主の命令に忠実に従い、完全に癒やされました。ナアマンの主への信仰が、彼を癒やしたのです。

 

再び偶像の地に帰るナアマンに、エリシャが告げた、安心して行きなさいという言葉。

旅の無事を祈る挨拶ですが、それ以上の意味が身に迫ります。

信仰の歩みには試練があり、様々な思い煩いもまといつきます。

それでも日々、主に聴き従えば平安があります。

 

異邦人ナアマンを除き、旧約にはなかった、ツァラアトの癒やしの事例。

これを実行され、メシアの証拠を見せられたのが、ナザレのイエスでした。

 

ナアマンの癒やし、救いは、私たちすべての異邦人信者の模範です。

主イエスの十字架の贖いと復活を信じて、私たちはきよめられました。

「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたとともにます。」

主イエスの約束に立ち、平安の内に歩みましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2022 All Rights Reserved.