レビュー:「ハマスの息子」 モサブ・ハッサン・ユーセフ著 幻冬舎

      2017/10/11

1.モサブという人

パレスチナ自治区の西岸地域で、ハマス指導者を父に、生まれ育ったモサブ。貧しくも穏やかだったモサブの少年時代が一転するのが、第一次インティファーダです。

激化する抗争。イスラエル軍に対する恐怖。父の度重なる逮捕。冷淡な親族と隣人たち。困窮した母子生活…。少年の視点から、日常が赤裸々に描かれていきます。

そして、青年期。銃の違法な購入をきっかけに、テロ犯容疑として逮捕されたモサブは、イスラエルの諜報機関シン・ベットからの勧誘を受けます。

拷問から逃れたいばかりに承諾したモサブですが、スパイの立場を逆に利用して、イスラエルに復讐することしか考えていませんでした。

しかし、刑務所内でモサブが目の当たりにしたのは、パレスチナ人の同胞を監視し、無実の罪を着せて拷問する、ハマス指導者の姿でした。

2.モサブとイエスとの出会い

子どもたちを煽って軍隊に突進させ、若者たちを自爆テロに仕立て上げて送り込みながら、高みの見物を決め込んでいる父の姿。

モサブは、テロを未然に防ぐことを使命として、様々な葛藤を抱えながらもスパイ活動に力を注いでいきました。

モサブのスパイ活動を描いた後半は、様々な人物が入り乱れ、周囲は常に激動し、暴風が吹き荒れているかのようです。

そのさなかにあって、オアシスのように感じられたのが、モサブとイエス・キリストとの出会いの場面でした。

このためにこそ、この本は書かれたのではないかとすら、私は感じました。以下、その場面からの引用です。

「『隣り人を愛し、敵を憎め』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。しかし、わたしはあなたがたに言う。敵を愛し、迫害する者のために祈れ。こうして、天にいますあなたがたの父の子となるためである(マタイ5:43~45)」

これだ! この言葉に私は雷に打たれたようになった。こんなことはかつて一度も耳にしたことがない。でも、これこそが今までの人生でずっと私が求め続けていた言葉だった。…敵は国籍や、宗教、肌の色で決まるのではない。私たちすべての人に共通する敵が存在するのだ。強欲、傲慢、そして悪意と悪魔の支配する心の闇である。

 

3.モサブの人生からイスラエルとパレスチナの平和を考える

モサブは、こう結んでいます。

 「真実と寛容こそ、中東問題の唯一の解決方法である。イスラエル人とパレスチナ人の間における課題は、その解決策を“見つける”ということではない。それを“受け入れる”ことができる最初の勇者となることである。」

イスラエルとパレスチナをめぐる歴史と問題について読み進めるほどに、暗澹とした思いにさせられます。

しかし、その中に一筋の光が、福音があります。
メシアニック・ジューとアラブ人クリスチャンの間に、和解と絆が、生まれつつあるのです。徹底して聖書に向き合うという誠実な学びの場が、その土壌になっています。

聖書には、来たるべき、神の支配される世界において、この地に完全な平和がもたらされ、ユダヤ人もアラブ人も共に暮らすことを預言しています。

神の約束を信じる者には、これは、揺るぎない希望です。

その日には、イスラエルは、エジプトとアッシリアと共に、世界を祝福する第三のものとなるであろう。万軍の主は彼らを祝福して言われる。

「祝福されよ わが民エジプト わが手の業なるアッシリア わが嗣業なるイスラエル」と。

イザヤ書19:24~25

 

モサブの今

モサブは、スパイとしての二重生活に疲れ、完全に足を洗って、一人、アメリカに渡ります。

難民申請するも認められず、そのまま帰国すれば同胞に殺されかれない状況で、名乗り出たのが、かつてシン・ベットで彼のボスだったイツハク氏でした。元エージェントが、友人を救うために実名を明かしたのでした。

先日、モサブ氏が国連でスピーチした動画がネットにアップされていました。吠えるように、パレスチナ自治政府の偽善を指摘するモサブ氏。彼の闘いは今も続いています。

 

…以下、掲載元のBridges for Peace Japanから引用した説明文です。…

国連に、U.N. WATCH という国連の働きを監視する機関があります。

9月25日に行われた会議を、U.N. Watchが公表し、現在180万回以上再生されている動画です。

今回の会議でも世界中がイスラエルを批判する中、パレスチナ人で、ハマスに属し、ラマラで育ったという人が声をあげました。

FBの映像の右下のキャプションのところをクリックすると日本語字幕がでますのでぜひ表示してご覧ください。

イスラエルに対しての批判、攻撃は決して今始まったことではなく、聖書の時代から、現代まで続いています。

彼らは、あなたの民に対して、悪賢いはかりごとを巡らし、あなたのかくまわれる者たちに悪巧みをしています。 彼らは言っています。 『さあ、彼らの国を消し去って、イスラエルの名がもはや覚えられないようにしよう』 詩篇83:3−4

イスラエルを通して私の御名を表すと約束された神様、そしてその神様の結んだ契約をイスラエルを滅ぼすことによって無かったことにしようとする敵の働き。

イスラエルの神を信じるクリスチャンが、イスラエルと共に立たないのであれば、国々から敵視されるイスラエルと誰が共に立っていくのでしょうか。

この動画を見ていただき、現在起こっている状況、真実を知って頂きたいと思います。 共感された方は、ぜひシェアして、この事実を伝えて頂きたいです。

*日本語字幕を表示設定に加えましたが、表示されない方もいるかもしれませんので、動画の全文加えさせて頂きました。*

パレスチナ自治政府
イスラエルは現在も、力によって占領し、
植民地政策を進めています。 毎日国際法を違反し、任意に関わらず投獄し、民族浄化をし、土地と天然資源を盗み、自然を破壊し、お金を盗んでいます

シリア
イスラエルはエルサレムを全てユダヤ人風にしようとし、家を破壊し、土地を奪い、天然資源を盗んでいます。

カタール
人種差別が常にイスラエルによって行われ、

北朝鮮
イスラエルはパレスチナ人に対して常に人権を犯しています

パキスタン
イスラエルは力によって占領し、その勢力をさらに拡大していっています

植民地化を進め、アパルトヘイトの国です

この植民地政策、もう終わりにしましょう

ベネズエラ
アパルトヘイト、残虐行為、破壊によってパレスチナの人々に危害を加え続けています

イラン
戦争犯罪、人権犯罪、民族浄化、国によるテロ

UN WATCH ありがとうございます

議長、ありがとうございます

UN WATCH として、この場をお借りして話します。

わたしの名前はモサブ・ハサン・ユセフ、ハマスのメンバーとして、ラマラで育ちました

パレスチナ自治政府に対して言いたいことがあります

あなたは「正統なパレスチナ人の代表」と言っていますが、
あなたの正統性はどこから来ていますか?

パレスチナ人は、あなたに投票していません

代表としても指名していません

あなたは自らを当選させました。

あなたはパレスチナ人に対して、何の責任ももっていません。

それは、あなたの人権侵害において明らかです。

事実、パレスチナ人の育成に対して、あなたがたは全く関心を持っていません。

パレスチナ人の学生を学校から誘拐し、拷問し、牢屋にいれ、

意見の合わない政治家を拷問し、

パレスチナ人の苦しみの一番の原因は、
あなたがたの自己中心的な政治の結果です。

あなたがたがパレスチナ人の一番の敵です。

もしイスラエルが存在しなければ、他に非難する対象がいないでしょう。

自らがとっている行動に対して、責任を取ってください。

自らの力を保つために、テロを増進させ、
このUNの場を使って、国際社会を騙しています。

結果パレスチナ社会に対して、自分が作っているにも関わらず、問題の原因はイスラエルだと騙しています

ありがとうございます。

Video Credit : U.N. Watch

 - イスラエル近現代史, 日々の雑感 ,