動画&まとめ ②マルコ福音書1章後半 「主を信じてついていこう」 ~メシアの生涯の開始~

   

1. 荒野の誘惑・伝道の開始

洗礼の後「すぐ」に、荒野で誘惑を受けたイエス。「すぐ」を多用し、公生涯を駆け抜けるのがマルコ福音書の特徴です。

人類の罪を贖う小羊としての、メシアの使命を妨げようという誘惑を、イエスは御言葉によって退けました。

洗礼者ヨハネが捕らえられ、イエスの宣教が開始されます。

「時が満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい」

人は、自分の無力さを認め、ただメシアを信じて神と和解しなければなりません。

2. 四人の漁師を弟子とする

洗礼者ヨハネの下にいた4人の漁師が、驚くべき大漁の奇跡の後、イエスより直々の勧誘を受け、弟子となりました。

洗礼者ヨハネの弟子であった彼らは、すでにイエスの弟子となってはいましたが、パートタイムに過ぎませんでした。

彼らは網を捨て、漁師を辞めて、フルタイムの弟子となったのです。

3. 悪霊の追い出しと癒し

ガリラヤ湖畔の宿場町カペナウムが、伝道の拠点となりました。イエスの神からの権威による、簡潔で力ある生きた教えに、人々は驚きました。

会堂での悪霊の追い出しで明らかになったのは、悪霊は、イエスがメシアだと知っており、イエスは、諸霊の上に立つ者だということです。

漁師の網元だった、カペナウムのペテロの実家では、ペテロの姑が癒されました。イエスから近寄り、手を取って起こした瞬間に癒やしは起こったのでした。

主は、私たち一人一人と個人的な関係を回復してくださいます。神との関係の回復こそ、癒やしの本質です。

安息日が明けるのと同時に、癒やしを求めて大勢の人々がやってきました。

4. メシア的奇跡

数々の奇跡に興奮状態のカペナウムを離れ、一人祈るイエス。伝道は、ガリラヤ全地へ広げられていきました。

メシアの最重要の使命は、個々の癒しではなく、福音を伝えることです。

福音宣教にこそ、世界の回復と、魂の永遠の救いがかかっています。イエスを約束されたメシアと信じることが、この時、イスラエルに与えられた福音でした。

一人のツァラアト患者が、癒やしを求めます。彼はイエスをメシアと信じていましたが、自分が癒されるのかは、主の御心一つだとわきまえていました。

「わたしの心だ。きよくなれ」という宣言の瞬間、彼はきよめられました。

イエスが口止めしたのは、人々がメシアについて誤解をしないためです。メシアは、王となる前に、苦しみを受けなければなりませんでした。

しかし、男が言いふらしたため、人々がおしかけ、イエスは表だって町に入ることもできなくなってしまいました。

5. 主の弟子として歩む恵み

個人的癒しや問題解決を願うことは、救いを求めるきっかけとなりますが、本当に大切なことは、神の計画の全貌を理解し、受け入れることです。

使命に生きる時に与えられる力があります。

自分を見つめるのではなく、神を見上げる。問題に捕らわれるのではなく、自分の使命に生きる。

自分自身が変えられる奇跡を、私たちは、その時、味わうのです。

 - マルコ福音書 , ,