動画&まとめ 主を信じて義とされる アブラハム③ 創世記15~16章 契約の締結

   

1. 星空を仰いで 15:1~6

激戦の後、アブラムに「恐れるな」と語りかけた“主の言葉”とは、受肉前のキリストご自身です。

主の力を体験した者は、主を恐れますが、主は、個人的な親しい関係を望んでおられます。

子が与えられないと訴えるアブラムに、神は天を見上げよ、と告げます。「あなたの子孫はこのようになる」と。

荒野の星空の下、アブラムは、遙かな神の約束に圧倒されたことでしょう。

 

「彼は主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。創15:4」 アブラムはただ、主の約束を信じて救われました。

この、信仰義認が、救いの大原則です。

救いに求められるのは、唯一の神の約束を信じる信仰だけなのです。

信じるべき対象は、唯一の神。救いの方法は、信仰により恵みによる。

信じるべき内容は、その時代に啓示された神の約束。聖書の不変の原則です。

2. アブラハム契約の締結 15:7~21

契約締結の場面は、準備と締結に挟まれて、アブラムの子孫のエジプトでの苦難が予告されています。

マルコ福音書にも多用されたサンドイッチ構造。その図式から見ると、ここで強調されているのは、中心に挟まれているエジプトでの苦難です。

まず神は、土地の約束の確証を求めたアブラムに、契約の準備をさせ、彼は動物の犠牲を裂いて並べました。

その後アブラムは、深い眠りの中で暗黒の恐怖を味わいます。

アブラムは、特別な啓示を受けるため、神によって特別な精神状態に置かれたのでしょう。

啓示の内容は、アブラムの子孫がエジプトで奴隷となり、400年後に解放されるということでした。

これは、カナン人にとっては悔い改めの猶予期間となりました。イスラエルは、全人類を救いに導く神の計画に用いられるため、試練の中を通過させられるのです。

 

命をかけた血の契約では、裂かれた動物の間を、当事者同士が通過します。しかし、この時、神の栄光だけが通過しました。

この契約は片務契約、無条件契約であり、アブラムと子孫に何が起ころうと,神がこの契約を完全に成し遂げられることを示していました。

3. イシュマエルの誕生 創16:1~16

不妊に悩むサライとアブラムは、当時の慣習に従い、女奴隷ハガルに子を産ませようとします。

妊娠したハガルは、主人サライを軽んじ、いじめられて逃げ出しました。

神は、サライに、戻って子を産むように告げられ、その子から大きな民族が誕生することを約束されたのでした。

アブラムに学ぶ、信仰と行い

信仰により、恵みにいり救われた人は、無条件契約である神の約束の確かさを体験的に学んでいきます。

ただし、行動しなければ信仰は成長しませんし、自発的でなければ意味はありません。

信仰者には、神の祭司として、神と人々をとりなし、全ての人々を救いに導く使命があります。

信仰者は、使命のために試練に遭い、信仰の成長のために訓練されます。

しかし、どんな時にも主が共にいて、全てを成し遂げてくださるのです。

 - 聖徒たちと歩む聖書 , ,