十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

モーセ⑧ アイドル・フェスタ 幕屋建設命令・金の子牛事件 出エジプト記25~32章

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

【メッセージのアウトライン・資料は、こちらからどうぞ➡】34_モーセ9_金の子牛事件_200517

1. 幕屋建設命令  25~31章

主が告げられた幕屋建設命令。エジプトから得た贈り物が資材となりました。

イスラエルが造った幕屋に、主が住まわれる。堕罪以降、地を離れた神の栄光が、部分的ながら再び地上に宿られるのです。

神の方法に従うことで、神に近づく道を示した。この幕屋は、神が住まわれる王宮であり、民が神を礼拝する神殿です。

幕屋は、天にある真のエルサレムの写しです。

出エジプト記の半分は、律法。1/3以上は、幕屋の記述です。神の栄光が宿る幕屋こそ、出エジプト記のゴールです。

 

①25章は幕屋の内側の祭具です。

最も重要な祭具が契約の箱です。この贖いの蓋に神の栄光が宿りました。

 

②26,27章は、幕屋の外側。

幕屋の骨組み、幕。犠牲の動物を焼く祭壇、庭について。

庭は、約300坪。幕屋は、祭司が働く聖所が約24畳。契約の箱が置かれた至聖所が12約12畳。縦横高さ4.4mの立方体の空間です。

 

③28~30章は祭司の祭服と聖別の儀式、日々の務め。

香壇も、民を代表する祈りを捧げる祭司の奉仕に絡めて記されています。

 

31章には安息日の定めがあります。神への完全な信頼を示す安息日は、イスラエルを他と区別するしるしでした。

最後に主ご自身の指で、律法の中心である十戒が石板に刻まれました。

 

2. 金の子牛事件  32章

シナイ山に上ったモーセは40日近くなっても下りてこない。民は、目に見える安心を求め、アロンに迫りました。

アロンは、民から金の耳輪を集め、金の子牛を造ると、これがエジプトから民を連れ上った神だと告げました。

飲めや食えやの祭りには、性的淫乱すら伴っていたようです。

 

主は、モーセに下山を促すと、イスラエルを絶ち滅ぼし、モーセから新たな民を生むと告げます。

モーセは、神の憐れみに訴え、御名が汚されないよう願い、さらにはアブラハム契約の恵みに訴えかけました。

モーセの御心に叶ったとりなしに、神は、災いを止められたのでした。

下山したモーセは、民の様子に激怒し、石板を叩き割りました。金の子牛を粉々にして民に飲ませ、神につくか、敵につくか、求めました。

悔い改めなかった3千人が剣で討たれました。

 

3. 教会の中にも忍び寄る偶像

偶像とは、ひたすら人間に都合のいい、欲望の投影です。

偶像礼拝の根源は、世の支配者(サタン)への依存です。「神は彼らに背を向け彼らが天の星(堕天使)に仕えるままにされた(使7:42)」のです。

他者を無条件の愛によって依存させ、無制限に束縛する。人間的母性と、サタンの支配は、本質的によく似ています。

一方、義の神は、人の責任の範囲を明確にし、自立を促されます。真の父性は、約束の大切さに基づき、制約と自由をもたらすものです。

 

愛と義の神は、一方的恵みによってイスラエルを救い出され、契約によって、イスラエルに成長を促されるのです。

神の契約への理解を深め、約束に基づく真の自由を味わっていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved.