十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝50 モーセ26 ④申命記12~16章 喜び楽しみ大いに喜べ 礼拝の諸規定

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 


【メッセージアウトラインPDF・資料はこちら➡】50_モーセ24_申命記④_200906

1. ただ一つの神の宮  12章

12~26章までの律法の諸規定は、新世代への確認です。

約束の地においても、律法がイスラエルの導くのです。

その最初が、カナンの偶像の全廃。放置すれば、存亡の危機に至ります。

また、広大な地で、食肉のための屠殺は、個々の町で認められましたが、ささげ物に関しては、聖所だけと厳命されたのです。

それが、幕屋であり、後のエルサレム神殿です。

 

2. 死を招く偶像礼拝  13章

子どもを火にささげた、モレク神の人身供養を最悪のものとして、偶像礼拝に警鐘が鳴らされます。

禁じられた、偽預言や夢での偶像神への神託。その背後には悪魔が働いています。

家族、友人を偶像礼拝に誘惑する者は、石打刑による死刑がなされました。

「よこしまな者」により町全体が偶像礼拝に陥れば、その町は、聖絶されました。

民全体が滅びに陥るのを防ぐための、神の憐れみがそこにはあります。

 

3. きよさとけがれ 十分の一のささげもの  14章

自傷行為を伴う異教の死者の弔いの儀式が禁じられています。

すべての死者は、神の完全な支配下にあります。

死者と正者が互いに影響を及ぼし合うというのは、悪魔の偽りの教えです。

 

食物規定は、きよさとけがれを教える視覚教材。地も海も罪によってけがれており、死体はけがれそのものです。

けがれに直に接する動物は、けがれている。そのように説明できます。

何より押さえておくべき大原則は、「神の定めだから従う」ということ。

 

今の教会時代には、律法は食物規定も含めて無効となっています。

十分の一のささげものには、①レビ人のため(民18:18~22)。②祭りのため(申14:22~27)。③貧者のため(申14:28~29)がありました。

 

4. 負債の免除 奴隷の解放  15章

7年毎の負債の免除を実行すれば、イスラエルに貧者はいないはずです。

貧者が絶えることはないと告げられた神は、民の罪が消えないことを知っていました。

自発的奴隷の道は、犠牲を払い、人々に仕えた主イエスの姿に重なります。

クリスチャンもまた、主イエスのくびきを負うことを求められています。

 

5. 三大祭  16章

①過越祭は、出エジプトを記念し、メシアの十字架と復活を示します。

②七週の祭り(五旬祭)は、律法授与を記念し、聖霊降臨と教会誕生を示します。

③仮庵祭は、荒野の放浪を記念し、メシアの再臨、千年王国を示します。

 

6. 律法も恵みだと知ろう

12~16章まで6回も「喜び楽しめ」と命じられています。

そして仮庵祭では、「おおいに喜びなさい」、喜びそのものになりなさいと、強く命じられています。

罪のゆえ、律法を守り通せなかったイスラエル。しかし、主イエスが、十字架で人の罪を贖われ、死を打ち破って復活されました。

 

主イエスが再臨され、千年王国を建設された後、すべての信者は、復活の体で永遠を生きます。

この確かな約束のゆえに、主は、大いに喜びなさいと命じられます。

日々突きつけられる罪の中でむしろ、主の憐れみと恵みを知っていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved.