十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝80 サムエル② 2~4章 サムエルの召命 主の言葉を地に落とすな

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 


【資料はこちからからご利用ください➡】 80_サムエル②_3~4章_サムエルの召命_210430

1. エリの子らの不義 2章11~36節

主に仕え、主に愛された幼子サムエル。一方、祭司エリの息子たちは、主を知らず、ささげ物を横取りし、幕屋で仕える女たちと寝ていました。

エリの忠告も無視した彼らは、心頑なにされ、裁きが確定してしまいました。

ある時、預言者が来てエリに主の戒めを告げます。

エリは、息子たちの罪を放置した責任を問われ、エリと子孫の名は祭司の系譜から絶たれることとなりました(Ⅰ歴6章)。

この預言は、ソロモン王の時に成就します(Ⅰ列2:27)。

 

2. サムエルの召命 3章

エリは老い、イスラエルのともしびは消えようとしていました。

ある時、主は、幕屋で寝ていたサムエルを呼ばれます。

エリに呼ばれたと思い、走って行ったサムエルは、主を受け入れる準備ができていませんでした。

三度目に、エリは、サムエルが主に呼ばれたと悟ります。

再び主に呼ばれたサムエルは、「主よ、お話ください。しもべは聞いております」と、エリに教えられた通りに答えました。

 

主が告げたのは、エリと子孫への厳しい裁きでした。

自らに呪いを招く息子たちの行為を、知りながら思いとどまらせなかった。それが理由でした。

翌朝、サムエルに主の言葉をそのまま伝えるよう迫ったエリは、主の裁きを覚悟していました。

この後、サムエルは成長し、士師、預言者として用いられていきました。サムエルは、神の言葉を聞き逃すことなく、主に仕えて行ったのです。

 

3. イスラエルを去った神の栄光 4章

ペリシテ人との戦いに負け、多くの死者を出したイスラエルは、契約の箱を前線に運び入れます。

大歓声を聞き、箱の到着を知ったペリシテ人は、かつてエジプトの神々を打ったイスラエルの神の力を思い起こし、恐れました。

決死の覚悟で奮い立ったペリシテ人によって、イスラエルは甚大な損害を被り、エリの二人の息子も死にました。

 

そして最悪だったのは、神の箱が奪われたことでした。伝令からの報告を聞いたエリは、倒れて死にました。

死んだ息子ピネハスの妻は、訃報を聞いた直後に産気づき男子を産みます。

妻が、子に「イ・カボデ(栄光がない)」と名づけたことが、神の箱の強奪の衝撃の大きさを物語っています。

 

4. 主に聴き、自分に向き合おう

息子たちの重罪を知りながら放置した。これがエリの罪でした。

とがめはしたが、遅すぎたし、弱すぎました。

 

親に求められるのは、体を張ってでも子どもに対峙する、その覚悟です。

罪ある人が顔を付き合わせて暮らす以上、どの家庭にも問題はあります。

自分や家族の欠けを正しく理解し、対処できるのが、成熟した信仰者です。

 

目の前の現実に向き合い、行動を起こすとき、必ず主の助けは与えられます。

愚かな私たちは、性懲りもなく過ちを繰り返しますが、悔い改め続けていく限り、それでも変えられ、成長させられていくのです。

強く促されます。
歩み出さないなら、その信仰は嘘です。主に信頼するなら歩み出せ、と。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2021 All Rights Reserved.