十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝82 サムエル④ Ⅰサムエル8~10章 油注ぎ サウル王の誕生

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

【メッセージアウトラインPDF・資料はこちら➡】 82_サムエル④_8~10章_サウル王の誕生_210516

 

1. 王を求めた不信仰の民 8章

イスラエルの民は、サムエルの高齢と息子たちの不法を口実に、王を立てることを要求します。

民は、真の王である神を拒む、重い罪を犯したのです。

にも関わらず、主は受け入れられました。

神は、本意ではない私たちの願いをあえて聞かれることがあります。これを「許容的御心」と言います。

許容的御心とは、痛い目に遭わなければ分からない、という一つの戒めです。

王が民に与える重い負担がサムエルを通して告げられますが、それでもなお民は王を求め、認められたのでした。

 

2. サウルとサムエル 9章

ベニヤミン人サウルは、父に命じられ雌ろばを探しますが、見つかりません。

しもべの提案を受け、サウルは、予見者サムエルに会って尋ねようとしました。

サウルは、父に従順で素直な一方、神の人との対面に、しもべが持ち合わせた、わずかな献金でよしとしています。

このエピソードには、彼の器の小ささが表されているように感じます。

 

また、サウルは、サムエルと出会っても、この人と分からず、予見者の家はどこですかとたずねています。

サウルの霊的感性の低さもうかがえます。

しかし、このサウルにサムエルは、全イスラエルの視線が注がれていると告げました。

主がサウルを王として選ばれた。サウル自身にも、理解しがたいことでした。

サムエルは、最上のご馳走でサウルを迎えると、律法に基づいて、イスラエルの王の定めを教え始めたのでした。

 

3.サウルの油注ぎ 10章

サムエルはサウルに油を注ぎ、きよめ、神からの王権を授与しました。

「油注ぎ(メシアッハ)」が、メシアの語源です。聖別された究極の王が、主イエス・キリストです。

 

サムエルは、三つの出来事が起きることをしるしとして予告しました。

何より象徴的な三つ目のしるしは、ギブアの町で、サウルに神の霊が激しく降ることでした。

ギブアは、かつてベニヤミン族が重罪を犯し、厳しいさばきを招いた、その町です。歴史を支配される主の憐れみを感じます。

 

サムエルは、全イスラエルを集めます。サウルは、王として選出されたその時、荷物の間に隠れていました。

民の誰よりも背が高く、美しい容貌だったサウルの本質が現れています。

 

4. 主の選びに応えて踏み出せ

神は、約束に基づく一方的な恵みによってイスラエルを選びました。

アブラハム、モーセ、少年サムエル…。皆、何者でもない小さな一人でした。

自己評価の低さ、自己肯定感の弱さ。願う自分とのギャップに苦しむ私たちがいます。しかし、主にとっては、何一つ関係がないのだと教えられます。

 

主の前に告白しましょう。

「私にはなにもありません。私にできません。しかし、主が助けてくださるならば、できないことはありません」と。

福音を信じて新生した身であるならば、あとはただ、主に委ねて歩み出すだけです。

主が見ておられます。物陰から外へ、踏み出しましょう。

 

後の王ダビデの言葉が心に響きます。

「詩篇8:4 人とは何ものなのでしょう。あなたが心に留められるとは。人の子とはいったい何ものなのでしょう。あなたが顧みてくださるとは。」

主が一方的に、私をあなたを選び出されました。この恵みに応えて、信頼して歩み出す者でありたいと願います。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2021 All Rights Reserved.