十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝93 ダビデ篇9 サムエル記Ⅱ・2~3章 「神の義にしがみつけ」  アブネルの死

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 


【資料はこちらからどうぞ➡】 93_ダビデ⑨_サムエルⅡ2~3章_イスラエルとの戦い_アブネルの死_印刷用_210801

 

1.ユダの王となるダビデ 2:1~11章

由緒ある町ヘブロンに上り、ユダ族の王となったダビデ。

即位後にまず行ったのは、サウル王の遺体を手厚く葬ったヤベシュ・ギルアデの人々を祝福することでした。

一方、サウル軍の長だったアブネルは、サウルの子イシュ・ボシェテをヨルダン川東岸のマハナイムで王に担ぎ上げました。この後7年半、イスラエルとユダの対立が続きました。

 

2. イスラエルとの戦い 2章12~32節

ギブオンの池のほとりで、イスラエルとユダの両軍がにらみ合い、双方12人の代表による闘技を行います。

結果はすべて相討ち。これをきっかけにして、ついに両軍の戦いが勃発しました。

 

ユダの将ヨアブの兄弟アサエルは、自慢の快足でアブネルを追いました。

兵士としての力量で上回っていたアブネルは、お前を殺したくないと引き返すように促しますが、アサエルは聞き入れません。

アブネルは、致命傷を避けようと槍の石突きでアサエルを討ちます。

足の速さが災いしたのか、槍はアサエルを突き抜け、命を奪いました。

 

復讐心に燃える兄弟ヨアブとアビシャイは、執拗にアブネルを追い続けます。

援軍が加わり体勢を立て直したアブネルは、停戦を呼びかけ、ヨアブも同意したのでした。

 

3. 将軍アブネルの死 3章1~39節

サウルの側女と寝たことをイシュ・ボシェテに咎められたアブネルは激怒し、王権をダビデに移すと告げました。

ダビデは、和解の条件に、妻だったサウルの娘ミカルを連れてくることを挙げます。

応じたアブネルはさらに、イスラエルの長老たちを説得してまわりました。

この後、ヘブロンで、ダビデとアブネルは契約を結んだのでした。

 

収まらないのはヨアブです。彼は、アブネルを呼び戻すと、町の門で殺しました。

アサエルの復讐を果たしたヘブロンの町は、過失致死を犯した者を匿う地です。律法に反する悪行でした。

ダビデは、ヨアブを呪い、アブネルに最大限の敬意を表して葬りました。

 

4. 課題に今、取り組もう

アブネルは、ダビデも認める優れた武人であり、政治力もあり、イスラエルの最初の王にふさわしい人物でした。

アブネルの責任を問うなら、ダビデが神に油注がれた王と知りながら、対立してきたことこそ最大の罪です。

アブネルが、最初からダビデを真の王として従っていれば、アサエルを殺してしまうことも、復讐でヨアブに殺されることもありませんでした。

 

主の命令を知りながら従わない、その責任は重いものです。聖書を学ぶほどに、応答の責任は増していきます。

分かっていながら先延ばしにしている課題がないでしょうか。棚上げした問題こそ、信仰の停滞の原因です。

いつまでも、主の忍耐が続くと思ってはなりません。かつてなく、主の日、その時は、間近に迫っています。

気づかされた、その瞬間こそが、取り組むべき時だと知りましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2021 All Rights Reserved.