十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

コリント人への手紙第一⑯ 15章 メシアと信者の復活 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 執筆者は、牧師:三浦亮平です。


【資料はこちらからどうぞ➡】 YBS_コリントⅠ_15章_220405

手紙の一連の議論の最後に、パウロが告げたのは、救いの大原則、三つの要素からなる福音でした。

基本的教理から逸脱していた、信仰の幼子だったコリントの信者たち。

パウロが手を変え品を変え、繰り返し語っていることは、何一つ難しいことではないはずなのに…。

コリント書を巡って、奇々怪々な解釈が入り乱れている状況こそ、世の終わりの現実なのだと突きつけられます。

【アウトライン】
0. イントロダクション 
Ⅰ. メシアの復活は事実 1~11節
Ⅱ. 復活の否定は愚か  12~28節 
Ⅲ. 復活こそが終着点  29~58節 
Ⅳ. まとめと適用
   復活の希望を抱きつつ歩もう

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 執筆者は、牧師:三浦亮平です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2022 All Rights Reserved.