十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝131 エリシャ篇7 列王記第二13章 エリシャの死

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 


【資料はこちらからどうぞ➡】 131_エリシャ7_Ⅱ列13章_エリシャの死_220507

1. 北11代目・エホアハズ  1~7節

エホアハズもヤロブアムの道を離れず、イスラエルの罪が重ねられます。

主の怒りが、アラムの侵攻を通して下ると、エホアハズは主に助けを求め、窮地を脱しました。

北方のアッシリアとアラムの衝突により、アラムの侵攻が止んだと思われます。

にも関わらず、北王国の偶像礼拝は続きました。

この時、救い手となったアッシリアが、後に、神の裁きの手として用いられることとなります。

 

2. 北12代目・ヨアシュ 8~13節

罪を重ねたヨアシュの治世が、ここでは簡潔にまとめられます。

著者が焦点を当てているのは、ヨアシュの時代に死んだ預言者エリシャの姿です。

 

3. ヨアシュ王とエリシャ 14~19節

死の病を患ったエリシャのもとに、ヨアシュ王が来て、泣き伏しました。

エリシャが油注いだのが祖父エフーでした。

ヨアシュは、危機の高まる北王国で、最大の後ろ盾を失う不安にさいなまれていたのでしょう。

 

エリシャは、ヨアシュに地面に向けて矢を射るように命じます。ヨアシュは、三度打って止めました。

何度も射るべきだったと激怒したエリシャ。ヨアシュは、三度だけアラム軍を打つこととなりました。

主の預言者エリシャに徹底して従うなら、アラムに完全に勝利する道があったのです。

 

中途半端な信仰は、中途半端な結果しかもたらしません。

これが生前のエリシャの最後の働きとなりました。

 

4. エリシャの死後 20~25節

エリシャの死後、一時期、従属していたモアブが再び反旗を翻し、収穫期のたびに略奪隊が襲ってきていました。

ある時、葬りの途中で略奪隊に遭遇した人々が、死者をエリシャの墓に投げ入れて去りました。

死者は、エリシャの骨に触れると蘇ったのでした。

エリシャの死後も、イスラエルの神は生きて働き続けておられました。

 

5. 復活の主にこそ 希望を置いて

エリシャほど多くの奇跡を起こした預言者はいません。

神の直接の介入は、時代の危機の重大さを示しています。

エリシャは病に伏して死に、イスラエルは罪の道を歩み続け、破滅はいよいよ間近に迫っていました。

 

死で終わるなら、エリシャの生涯に慰めなどありません。

死後に現れた蘇りの奇跡は、エリシャ自身の将来の復活をも示唆していると言えます。

主が、イスラエルの王と民に求めたのは、約束を信じ、ヤコブの子孫に現れるメシアを待ち続けることでした。

私たちのメシアは来られ、十字架にかけられ、死を打ち破って復活されました。

 

今覚え、待ち望むべきは、再び来られる栄光の主イエスです。

教会時代の信者に約束されているのは、この世の苦難です。各々が十字架を負って歩むよう促されています。

希望は、復活の主にあります。福音を信じた私も必ず復活させられます。

暗さを増す世界で、人々に本当の希望をもたらすべく、死からの勝利、永遠の救いを伝えていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2022 All Rights Reserved.