十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝134 南方の王3 列王記Ⅱ15:8~38 歴代誌Ⅱ27章 北王国末期とヨタム王

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 


【資料はこちらからどうぞ➡】 134_南北の王3_Ⅱ列15章8~38節_ヤフー王朝の終焉とヨタム王_220529 

 

1. エフー王朝の終焉  Ⅱ列15:8~12

謀反で殺されたゼカリヤ王。わずか半年の治世でした。

神が告げた通り、王朝はエフーから4代目止まりでした。

ゼカリヤを殺したシャムルが王となりました。

 

2. 混沌を極める北王国 Ⅱ列15:13~31

シャムルの治世は、わずか一ヶ月。シャムル王を殺したメナヘムが即位しました。

初めてやってきたアッシリアに、メナヘムは多額の銀を支払い、滅亡を免れました。

しかし、これも一時しのぎに過ぎませんでした。

メナヘムの子ペカフヤの在位は2年で終わりました。

後継者の息子も含め、ペカフヤの王家を全滅させたペカが代わって王となりました。

 

ペカの時代、ついにアッシリアが侵攻し、北王国の半分を占領しました。

この地の民は、強制移住政策によって外国に捕らえ移されました。これが第一次アッシリア捕囚です。

背後には、主の裁きの御手が働かれていました。

 

3. 南11代目・ヨタム Ⅱ列15:32~38

南王国11代目の王となったヨタム。主に従い歩み、父ウジヤのように、祭司職を侵すこともありませんでした。

それでも民の不信仰は変わらず、王国は着実に滅びに向かっていました。

アッシリアの脅威は南にも迫っていました。

繁栄し、都の防備を固め、撃退した敵から莫大な貢ぎ物を得たたヨタム。

たとえ滅びの時代でも、主に信頼する者には祝福があり、希望があります。

 

4. 滅びに向かう混沌の時代の歩み方

北王国は、黄金期の後、一気に滅びにむかって行きました。

憐れみ深い神が与えられる、驚くばかりの恵みがありますが、むさぼりで終わるなら、滅びの最後通牒になるかもしれません。

南北時代の混沌は、今の時代に重なります。

主イエスは、大きく成長する地上の教会に偽りの教えが広がり、悪が巣くうことを警告されています。

ヨタムのように、滅びが迫る時代にも、主は信仰者の歩みを守り、祝福されます。

世界と教会がどうなろうと、私への主の呼びかけは変わりません。

私の罪のために十字架にかけられ、復活された主イエスを信頼し、この福音を述べ伝える宣教の使命に送り出されていきましょう。

どんな状況でも、主が必要を満たされ用い続けられます。

唯一の神を否定し、人間の力でユートピアを実現しようとする。

神を人に置き換えた共産主義は、独裁と虐殺を招き、今も惨禍は拡大し続けています。

これから世界を未曾有の混沌が襲うでしょう。

地上の教会も、ますます混乱し、世の価値観に呑まれ、社会への影響力も失っていくばかりでしょう。

しかし、何が起ころうと起こるまいと、信仰者の使命は不変です。福音を告げ、聖書を解き明かして行きましょう。

主に信頼する者は、いつの時代も変わらない原則の上に守られています。主に従うなら、主が必要をみたし、用いてくださいます。

目の前に与えられた、小さなことに忠実であり続けましょう。主は必要をみたし、巣くわれるべき魂と必ず出会わせてくださいます。

大局は主に委ねましょう。無力さを嘆く前に、与えられた使命に歩みましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2022 All Rights Reserved.