十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝158 ミカ書1~2章 イスラエルの不法と罪

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 執筆者は、牧師:三浦亮平です。


【資料はこちらからどうぞ➡】 157_ミカ1_ミカ1~2章_イスラエルの不法と罪_221106

 

1. 裁きの宣告  1:1~16

“誰が主のようであろうか“ それが、ミカという名の意味です。

神を讃える名を持つミカは、ペリシテと隣り合う辺境の町で生まれ育った預言者でした。

 

「聞け」という呼びかけに続いて宣言されるのは、世の終わりの神の裁きです。

終末における大患難時代は、イスラエルに対する最後の裁きです。

 

続いて、イスラエルに迫った直近の裁きが告げられます。

アッシリアは北王国を滅ぼし、侵略の手は南王国の一部にまで及ぶのです。

 

2. 罪状書き 2:1~11

権威を悪用し、民の嗣業の地を奪った指導者たちに災いが下され、追放されます。

神の警告を戯言だと無視した報いです。

さらには北でも南でも、同族同志で略奪がなされ、弱者が踏みにじられました。

神の裁きを目前にしてなお、耳障りのよい偽預言にすがる者に、神は、厳しい裁きを下らさせると宣告されます。

 

3. 救いの約束  2:12~13

イスラエルが捕囚から解放される時が来ます。

終末の大患難時代にも、1/3は生き残り、回心し、救われます。

先頭に立つのが、敵を打ち破る者、王なる再臨の主イエスです。

大患難時代のただ中には、残れるイスラエルは、ボツラ(ペトラ)に匿われ、反キリストのジェノサイドから守られます。

 

まとめ.

律法の核心が、「シェマー(聞け)」と呼ばれる申命記6章4~6節です。

唯一の主を愛し、律法に従うことが、イスラエルの責務です。

 

神がモーセを通して結ばれた「土地の契約(申命記29~30章)」に、すでに告げられていたこと。

それは、イスラエルが律法に従うなら、祝福があり、約束の土地で栄えるが、背くなら、約束の地を追われてしまうということです。

にも関わらず、イスラエルは偶像礼拝に陥りました。

数々の預言者が、奇跡を伴って神の言葉を伝え、王と民に悔い改めを迫りました。

しかし、彼らは主の言葉を拒み、耳障りのよい偽預言から抜け出そうとはしませんでした。

神のきよめの裁きは避けられません。

 

一方で残された希望とは、捕囚が終わり、帰還の時が来るということです。

世の終わりの裁きにも期間が定められ、最後の救いの機会となっています。

大患難時代には、残されたイスラエルが民族的回心に至り、多くの異邦人も、主イエスを信じて救われます。

 

世の終わりが近づくほど、偽教師、偽預言者がはびこります。

新約で最も多いのは偽りの教えに対する警告です。

愛しか語らない偽教師、口先だけで悔い改めない偽善者たち。

偽りと背きを重ねるだけの信仰生活は、害悪です。

 

障害を抱えた子どもたちに接するほど、厳しく問われる信仰があります。

嘘偽りは、即、見抜かれます。

口だけ達者で内実が伴わなければ、信仰に立つ共同体に居続けることはできません。

 

本当に弱い立場の人は、自分の弱さを言い訳にはしません。

言い訳をする人は、それだけの余力と知能が与えられていて、責任を負っているのです。

 

イスラエルのように、恵みに慣れきってはいないでしょうか。

神のいのちを選び、主の御言葉を行いもって味わい尽くしていきましょう。

主の呼びかけに、応答して踏み出しましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 執筆者は、牧師:三浦亮平です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2022 All Rights Reserved.