Q:結婚式の誓いって難しいですよね…。

   

Q:結婚式に、健やかなる時も病めるときも、って誓いますけど、
あれって、大変ですよね。誓える自信がありません…。

 

① お二人の出会いは、神様が与えられました。

結婚されようとしているお二人は、どのようにして出会われたでしょうか?

計画的な出会いだったでしょうか?

こう尋ねると、ほとんどの方は、偶然だと答えられます。

出会いは、不思議です。神様が与えられるものなのです。

②神様が、お二人を結婚に導かれました。

そもそも命は、創造主なる神様が与えられたものです。

意識されたことがなかったかもしれませんが、神様がお二人を生まれる前から守り、育み、時が来て出会わせられ、結婚へと至らせたのです。

頼みもしないのに、これをすべて神様が行ってくださったのです。

神様が、お二人を出会わせられ、夫婦とされるのだと信頼してください。

③結婚式の誓いが、夫婦としての歩みの原点・礎です。

夫婦というは、難しいものですよね。

あんなに仲がいい夫婦はいないよね、と、おしどり夫婦なんて言われていたカップルが、あっさり別れてしまうこともあります。

逆に、大変な試練の中で、絆を深めていく夫婦もいます。

年月と共に絆を深めていかれる、そのような夫婦は、1つのことを体験的に知っています。

それはつまり、自分たちの努力だけでは、どうしようもないことがあるということです。

これを知っている夫婦は強いです。

結婚式の誓いは、その土台となるものです。

神様が私たちを夫婦とされたのだから、このことも乗り越えていけるように、助けてくださるよね。と、立ち返ることのできるところ、それが、結婚式の誓いなのです。

☆ 1つのことを信頼してください。

神様がお二人を夫婦とされ、夫婦として歩んでいけるよう、助けてくださる。

この1つのことを信頼して誓うならば、それは、真実の誓いとなります。

天地を造られた神様ご自身が、結婚式の保証人です。

保証人とは、もしもの時に身代わりになる人のことです。

神様は、お二人が、どうしようもない困難に直面したとき、ご自身を身代わりとして、助け、守り、導いてくださいます。

そのしるしが、十字架なのです。

結婚式の誓いの言葉

「あなたは、今、神の前に立ち、この女性(男性)と結婚し、
神の定めに従って夫婦となろうとしています。
あなたは、その健やかなるときも、病める時も、
彼女(彼)を愛し、敬い、慰め、助け、
その命の限り、堅く操(みさお)を守ることを誓いますか。」

「はい、誓います。」

※牧師によって、多少言葉が違ったり、「誓います」ではなく、「約束します」だったりしますが、だいたいの意味は同じです。

 

 - 結婚式について