Q:クリスチャンは訴えてはいけないの? 裁判・法的訴訟を考える

   

Q:あまりに悪質な事件に、法的措置も考えているのですが、クリスチャンがクリスチャンを訴えるなんてとんでもない、と言われて悩んでいます…。

1.教会内の争いの外部訴訟の禁止

教会内の問題について、クリスチャンがクリスチャンを訴えることを聖書は禁じています。(Ⅰコリ6:1~8)

お互いを赦して和解できないこと自体が、霊的な敗北を意味しているからです。

福音を信じた者は、来たるべき世界でキリストと共に裁き主として世を治めます。

その聖徒が、自分たちの内部の問題すら裁くことができないとなれば、神の御名を汚すことになります。

2.甘んじて不利益を受けるべき時も

「そもそも、互いに訴え合うことが、すでにあなたがたの敗北です。なぜ、むしろ不正をも甘んじて受けないのですか。なぜ、むしろだまされていないのですか。Ⅰコリ6:7」

すべての信者の模範は、主イエス・キリストご自身です。

主イエスは、なんの罪もないにも関わらず、屈辱の極みである十字架刑を受けられました。それは、人類の罪を贖い、救いに導くためでした。

すべての信者は、この十字架の贖いと復活の福音を告げ知らせ、すべての人を救いに招き入れるべく召されています。

 

クリスチャンである相手を訴えることで、周囲のノンクリスチャンの救いの妨げになるようなことは、厳に慎むべきでしょう。

それは神を悲しませることです。

クリスチャンにとって何より重要なことは、滅びに向かう魂を勝ち取ることです。

3.教会内における懲戒の三段階

一方で、教会内部で行うべき厳しい裁き・懲戒についても聖書は記しています。

まず前提として求められるのは、“個人的に話す”ということです。

「もし、あなたの兄弟が罪を犯したなら、行って、二人だけのところで責めなさい(マタイ18:15)」。

これは主イエスの命令であり、信者の義務です。この時点で相手が聞き入れるなら、それで問題は解決します。

 

個人的に話しても問題解決に至らない場合、懲戒は、3つの段階を経て下されます。(マタイ18:15~17)

① 複数の証人と共に指摘する。

「もし聞き入れないなら、ほかにひとりかふたりをいっしょに連れて行きなさい。ふたりか三人の証人の口によって、すべての事実が確認されるためです。(マタイ18:16)」

「もし誰かがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたがたは、柔和な心でその人を正してあげなさい(ガラ6:1)」

同席する証人は、霊的に成長した人であるべきです。訓戒の責務を負っている長老(牧師、教会指導者)が最適です。証人は、加害者に訓戒を与えます。

② 教会の会衆の前に事実を明らかにし、悔い改めを迫る。

「それでもなお、言うことを聞き入れようとしないなら、教会に告げなさい。(マタイ18:17)」

パウロは、コリント教会内部の大きな罪を厳しく告発しています。その背後には、悔い改めた者をただちに赦すという愛が満ちていました。

「私は大きな苦しみと心の嘆きから、涙ながらに、あなたがたに手紙を書きました。それは、あなたがたを悲しませるためではなく、私があなたがたに対して抱いている、あふれるばかりの愛を知っていただきたいからでした。(Ⅱコリント2:4)」

③ 悔い改めない者を除名処分にする。

「教会の言うことさえも聞こうとしないなら、彼を異邦人か取税人のように扱いなさい。(マタイ18:17)」

異邦人か取税人のように扱うとは、イスラエルの共同体からの追放を表しています。これを教会に適用するなら、教会からの除名ということになります。

これは、神の守りから外され、サタンの支配下に置かれることを意味します。

「あなたがたが集まったときに、私も、霊においてともにおり、私たちの主イエスの権能をもって、このような者をサタンに引き渡したのです。それは彼の肉が滅ぼされるためですが、それによって彼の霊が主の日に救われるためです。(Ⅰコリ5:4、5)」

救われたクリスチャンであっても、重い罪を犯して悔い改めがなければ、最悪、肉体の死という裁きが下ります。

アナニヤとサッピラは、主への捧げ物を偽って、自らの死を招きました。この時には、使徒ペテロが神の裁きを宣告しています。(使徒5:1~17)

4.訴訟が正当化される場合

これらの課程を経てもなお、加害者が非を認めない、あるいは、話し合い自体も拒むという場合には、裁判に訴えることも正当化されると考えます。

教会の言うことさえ聞き入れない者は、「異邦人か取税人のように扱いなさい(マタイ18:17)」とあるからです。

もはやクリスチャンとして扱わなくていい、ということであれば、教会の法である「キリストの律法」の外の問題となります。

 

パウロは、エルサレムで捕らえられ、鞭打ちをされそうになった時、ローマ市民としてローマ法に訴えています。

また、同胞のユダヤ人からの訴えに対し、エルサレムのユダヤ議会での裁判を拒否し、ローマ皇帝に上訴しました。ユダヤ会議の裁判に応じれば、パウロは途上で暗殺される恐れがありました。

このように聖書は、人権や人命を守るために、この世の法制度に解決を求めることを認めています。

 

明らかに法を犯した行為については、どうでしょう?

クリスチャンは、この世の権威に服することが求められています。すべての権威は神から来るからです。

ローマの裁判においても、全く非を認められなかったように、主イエスは、ローマ法にも従順でしたし、ローマへの納税の義務も守っています。

懲戒の三段階を経て警告を行い、にも関わらず悔い改めが見られない場合、しかるべき機関に通報すること、法的措置をとることは、聖書的に認められていることだと言えます。

 - 聖書いろいろ Q&A , ,