十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

申命記31~32章 「天よ、耳を傾けよ」 モーセの歌

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 


【メッセージアウトラインPDF・資料はこちら➡】56_モーセ30_申命記⑩_201025

1.  モーセの遺言 31章

先立って行かれるのは、主ご自身。共におられる主が、約束の保証。モーセからヨシュアへの励ましの根拠です。

ヨシュアへの任命は、神からの個人的呼びかけとしてなされました。第一に問われるのは、主と私の関係です。

レビ人、長老には、律法を教えることが指導者の使命として命じられました。

 

栄光の臨在のただ中で行われたヨシュアの任命に際し、神は、イスラエルの将来の背きをまず告げています。

背きの結果、神殿から神の栄光は去ることになるのです。

神から厳しい警告を聞かされて、ヨシュアは、モーセの担っていた重責を思い知らされたことでしょう。

イスラエルが不信仰に陥ることを知らされた上で、ヨシュアは指導者として立てられていくのです。

そして目の前に立ち塞がるのは強大な敵。「強くあれ。雄々しくあれ」と、恐れおののくヨシュアを、主は何度も励まされました。

 

モーセ最大の功績は、律法を記したことです。

律法の書を託されたレビ人は、しかし、神に逆らっていくのです。律法が常に突きつけるのは、私たち人間の罪の闇の深さにほかなりません。

天地を証人に、モーセは神の戒めを告げました。知らなかったとは、イスラエルの誰も言い逃れできません。

 

2.  モーセの歌 32章

神からの戒めであるモーセの歌も、主への賛美から始まっています。被造物の存在目的は、主を讃えることです。

御名を告げ知らせることこそ、栄光を神に帰すことにほかなりません。伝道の意識が、信者の成長の推進力です。

 

イスラエルが地を裁く神の基準です。イスラエルを見れば、人類の霊的状況も分かるのです。

誰からも見捨てられた寄留者イスラエルを、神が拾い上げ、育み、最上の祝福で満たされました。

にも関わらず背いたイスラエルには、厳しい神の裁きが待ち受けています。

 

イスラエルを通して突きつけられる人の深い罪。今を支えられる理由は、私たち人間の側にはないと教えられます。

それでも主は、ご自身の民を憐れまれます。民を苦しめる敵は、最終的に再臨の主によって滅ぼされるのです。

モーセの歌は律法の戒めの要約です。律法こそイスラエルの命。イスラエルを守り育む神の恵みそのものです。

 

3.  イスラエルに重ねて受け取る恵み

主の約束は、必ず成し遂げられ、モーセが約束の地に入るときは必ず来ます。

死にゆくモーセには、主は、ご自身の永遠の契約の確かさをを覚えさせました。

人類の代表であるイスラエルの姿は、罪人である私たちの姿そのもの。イスラエルの罪は、私たちも犯してきた罪です。

 

認罪は、救いの入り口であり、信仰の成長を促し続けるものです。

イスラエルの罪と痛みを、自分自身のものとして噛みしめられたなら、イスラエルに約束された、主の憐れみと慈しみをも、自分自身のものとして味わい知ることができるでしょう。

主は言われます。「強くあれ、雄々しくあれ、わたしはあなたを見捨てない。」

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved.