十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝62 ヨシュア④10~12章 主の戦いを戦おう カナン諸氏族の制服

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 


【メッセージアウトラインPDF・資料はこちら➡】62_ヨシュア記④10~12章_201206

1. 南部の戦い 10章

カナン南部のアナク人の5都市が連合し、裏切り者のギブオンを襲いました。

援助要請を受けたヨシュアは、標高差千mを駆け上り、敵を撃退します。

敗走する敵に、巨大な雹が降り注ぎ、剣で打たれた以上の死者が出ました。雹は、主ご自身の裁きを象徴しています。

その日、太陽と月が中天にとどまるという驚くべき奇跡が起こっています。

この宇宙の法則を越えて働き得るのは、天地を造られた唯一の神だけです。

 

5人の王は討たれ、エルサレム以外の南部の諸都市は聖絶されました。

こうして、中央部に引き続き、南部一帯をイスラエルは征服したのです。

 

2. 北部の戦い 11章

キネレテ湖(ガリラヤ湖)の北、要塞都市ハツォルを中心に北部諸国が連合し、イスラエル反撃の狼煙を上げます。

ヨシュアは、100kmを北上し、連合軍の集結地メロムを急襲。さらに、北西のシドン、北郷のミツパまで追撃しました。

最後に、ヨシュアは、盟主ハツォルを陥落、聖絶しました。

「主がモーセに命じられたすべてのことばを、彼は一言も省かなかった。(ヨシュア11:15)」 とある通り、ヨシュアは、主に忠実に従い通した結果、約束の地の多くを手にしたのでした。

 

3.  イスラエルの征服地 12章

12章ではまず、イスラエルが最初に占領した、ヨルダン川東岸の地域が詳細に記されます。

東部南部のヘシュボンの王シホンと、東岸北部のバシャンの王オグ。強大な二つの王国を破り、イスラエルのルベン族、ガド族、マナセ族の半分が相続地を得ました。

さらに、イスラエルが征服した王の名が列記されています。

北は、レバノンの谷から南はセイル山までの一帯を、イスラエルは手に入れたのでした。

カナン人を裁き、彼らの土地をイスラエルに与えるという主の約束は、確かに成就されたのです。

 

恵みの時代に恵みを受け取ろう

人には自由意志が与えられています。それは、神を愛し、人を愛するため。

悔い改めて、救いを得るチャンスは、すべての人に与えられています。

神に背き、神の民を憎み続けていくなら、いつかその機会は失われます。

全知全能の神は、すべてのことに最終的な責任を負われます。

背き続けた者の心を頑なにし、裁かれるのです。

 

愛の神の一方的な介入がなければ、人類はとうの向かいに滅んでいました。

破壊の限りを尽くしながら、なお人類は、神の憐れみに生かされています。

私は、今この瞬間を、ただ主の憐れみによって生かされていると知りましょう。

罪を思い知らされたなら、あとはただ、恵みを味わい尽くすだけです。

 

主イエス・キリストは、私の罪のために十字架にかけられ、死んで葬られ、死を打ち破って復活されました。

ただ信じれば、永遠の祝福が与えられます。

生かされているだけのこの身と分かれば、主への感謝しかありません。

命の御言葉を味わい尽くし、この喜びを、平安を、人々に伝えていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2020 All Rights Reserved.