十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝116 南北の王篇3 列王記第一15~16章 イスラエル・ユダの分断の定着

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 


【資料はこちらからどうぞ➡】 116_南北3_Ⅰ列15~16章_分断の定着_220116

 

1. 南の王たち 15章1~24節

南の二代目アビヤム(アビヤ)の母は、ダビデに背いたアブサロムの娘マアカで偶像礼拝者でした。

アビヤム自身も主の道を逸れましたが、ダビデのゆえに王の系譜は守られます。

 

三代目アサは、主の目に適う信仰者・善王でした。

神殿男娼を追放し、偶像を焼き、母マアカすら退位させました。

北王国にラマを占領されたアサは、神殿の宝物を贈り、仇敵アラムに庇護を求めます。

アラムの北王国侵攻の隙に、ラマを取り戻したアサでしたが、神によらず、アラムにより頼んだ不信仰の報いを晩年に受けました。

 

2. 北の王たち  列王記15章25~34節

ヤロブアムの悪の道を歩んだ北の二代目ナダブは、ペリシテ人の町ギベトンを攻略中、部下のバアシャに殺されました。

こうしてヤロブアムの一族は滅亡しました。預言者アヒヤのヤロブアムへの預言が成就したのです。

 

3. 混迷を極める北王国  16章

三代目バアシャも悪の道を進み、預言者エフーに、ヤロブアム同様の悲惨な最期を告げられます。

四代目エラは、即位の二年後に、戦車隊長ジムリに殺され、一族皆殺しとなりました。

四代目ジムリに至っては、たった7日間の王位でした。

ペリシテのギベトンを攻略中の軍がオムリに率いられて引き返し、ジムリを討ったのです。

 

オムリは、前半の6年間、内戦に明け暮れ、実質北王国を支配したのは後半の6年間だけでした。

オムリが買い取った山に建てた町がサマリアでした。

これ以降、サマリアが北王国の中心地となります。

 

罪の道を歩み、死んだオムリの子アハブが、五代目の王となりました。

ヤロブアムの道すら軽いとしたアハブの罪は、偶像礼拝者の悪女イゼベルを妻としたことでした。

アハブは、サマリアに偶像を建て、礼拝したのです。

この時代、エリコを再建したヒエルの子が、ヨシュアへの主の預言通り討たれています。

悪の極まる時代でした。

 

4. 混沌の時代に希望を見いだすには

ヤロブアムの悪の道を歩み続けた北の王たち。

罪は、壊れたレコーダーのように繰り返し、劣化していきます。

一方、南には善王が現れ、信仰が保たれていきます。ダビデへの主の約束が、ユダの王の系譜を守ったのです。

 

偶像礼拝は、欲望のその橋しのぎです。

陳腐で単純な罪の悪循環から抜け出すために必要なのは、神の約束への信頼に他なりません。

真実に持続可能なのは、全知全能の神のご計画だけだと知りましょう。

 

異常な事件が、起こっては忘れ去られ、世の罪の悪循環は加速しています。

激流の中に立たせられた私たち、足をすくわれるのは一瞬です。

流れ去るだけの本質でないものに、心を囚われないようにしましょう。

堅い信仰の岩盤の上に、自分の信仰を打ち立てましょう。

 

私の罪のために十字架にかけられ、死を打ち破って復活されたキリストこそ、私たちの信仰の土台。

聖書全体を貫く柱です。

聖書の学びを深めるほどにメシアを知り、私の命は強められていきます。

御言葉が、成長と変容をもたらすのです。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2022 All Rights Reserved.