十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝128 エリシャ篇4 列王記第二8~9章 エリシャのたたかい

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 執筆者は、牧師:三浦亮平です。


【資料はこちら➡】 127_エリシャ3_Ⅱ列6~7章_エリシャのたたかい_220403

 

1. 浮かんだ斧 1~7節

苦難の中でも少しずつ増えていた預言者学校。

建築資材の木をヨルダン川で切り出していた最中、一人の斧の頭が抜けて、水の中に落ちてしまいます。

エリシャが木の枝を投げ込むと、尾の頭が浮かび上がり、拾い上げました。

度重なる奇跡は、イスラエルの残れる信仰者たちと主が共におられた、確かなしるしです。

 

2. 天の軍勢 8~23節

度々アラムから越境していた略奪隊。エリシャが彼らの動きを王に警告したため、襲撃を何度も免れていました。

内通者がいるのかと動揺したアラム王は、預言者エリシャの仕業と知り、捕縛のために大軍を送りました。

包囲され、おののく従者にエリシャは、恐れるなと告げ、霊の目が開かれるよう祈りました。

従者が見たのは、山に満ちいていた天の軍勢でした。

エリシャが祈ると、兵士たちの目はくらみました。言うがままに導かれ、彼らの目が再び開かれた時、彼らは、サマリアのただ中でイスラエル軍に取り囲まれていました。

私が打ち殺しましょうかと、はやる王を制し、エリシャは捕虜にしたアラム兵をもてなさせ、国に返しました。

それ以来、アラムの略奪隊は二度とイスラエルに侵入しませんでした。

 

3. 包囲されたサマリア 24~33節

この後、アラム王は、正規軍全軍で北王国を攻め、サマリアを包囲します。

すでに起こっていた大飢饉と重なり、サマリアは深刻な飢餓に襲われました。

子を食べたと訴える女に、ヨラム王は、衣を裂いて嘆きます。

彼は、悔い改めのしるしである粗布を服の下に着ていました。

屈折した王は、自ら悔い改めることなく、一切の責任を預言者エリシャの身に負わせて叫びました。

 

4. よい知らせの日 7章1~20節

王の怒りの伝言を携えた使者にエリシャは、明日には飢餓が解決され、サマリアに食糧が有り余ると告げました。

疑うばかりだった王の側近は、食べることはできないと言われたのでした。

サマリアの町の外にいた4人のツァラアト患者は、座して餓死するのを待つよりはと、アラムの陣営に向かいます。

そこは空っぽでした。ひとしきり飲み食いした後、彼らは思い立って、このよい知らせを門衛に告げました。

事態を確認した後、人々は我先にとアラムの人生に略奪に向かいました。

この時、神の言葉を疑った側近は、預言通り、群衆に圧死されたのでした。

 

5. 計り知れない主の憐れみ

重い斧を浮かばせた主が、不信仰の極みからイスラエルを回心に導く時が、世の終わりに必ずやってきます。

絶望の時代の預言者たちを支えたのは、終末の究極的な回復の約束でした。

神のはるかな将来の約束を信じて今を歩む者を、主は確かに支えられます。

苦難の中でも主に仕え、日毎の糧を与えられた預言者たち。

私たちも、主の約束に信頼して歩むなら、必ず、日々の必要は満たされていくのです。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 執筆者は、牧師:三浦亮平です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2022 All Rights Reserved.