十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝129 エリシャ篇5 列王記第二10~11章 分断の北・継続の南

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 


【資料はこちら➡】 129_エリシャ5_Ⅱ列10~11章_分断の北・継続の南_220424

1. オムリ王朝の滅亡 10章1~11節

南北の王を殺したエフーに屈し、サマリアの長老たちは、ヨラム王の70人の子らの首をはね、届けました。

主がエフーを用い、エリヤに告げた通り、アハブ一族を裁かれたのです。

 

2. バアル祭司の粛正 10章12~26節

エフーは、サマリアに上る途中、何も知らずに訪ねてきたアハズヤの一族と出会うと、42人を殺しました。

さらにヨナダブを味方に加え、アハブの残党を皆殺しにしました。

エフーは、バアル礼拝を推進すると偽り、バアルの祭司たちを集めます。

バアル信者たちは討たれ、バアル神殿は徹底的に破壊され、汚されました。

3. エフー王の治世 10章27~36節

バアル信者を根絶したエフーでしたが、ヤロブアムの金の子牛はそのまま、真の信仰には立ち返りませんでした。

それでも、エフーの子孫は、4代目まで王座に就くことが約束されました。

エリシャが油注いだアラム王ハザエルが力を強め、ヨルダン川東岸を奪いました。約束の地が削られたのです。

 

4. 惨劇の中の希望 11章

南王国に嫁いでいたアタルヤは、息子アハズヤの死を知ると、王の一族を滅ぼしました。

子や孫を殺したのです。

ダビデ王家を断絶し、自ら王となったアタルヤ。神への最悪の反逆でした。

 

この時、アハズヤの姉妹エホシェバが、赤子のヨアシュを匿いました。ダビデの系譜は守られたのです。

7年後、祭司エホヤダが動きます。契約を結んだ信頼できる兵に、王の子を見せ、王位奪還の策を与えました。

近衛兵の1/3がアタルヤの王宮を護衛と見せかけて取り囲んでいる間に、残りの2/3がヨアシュを護衛し、王の即位式を行うというものでした。

 

計画通り、ヨアシュは即位し、歓声が響きました。

謀反だ、というアタルヤの叫びは時すでに遅く、彼女は、裏口から王宮に入れられ殺されました。

王と民の契約が主の前に結ばれ、バアルの祭司が殺されました。アタルヤの悪影響は断たれたのです。

 

5. 主の約束に希望を置いて

聖なる神は、一つの罪も見逃されることはありません。

アハブの一族は、エリヤの預言通り、厳しい裁きの結果を迎えました。

エフーは、用いられた器に過ぎません。主に背けばやはり、裁きを免れません。

裁きの主権はすべて、主にあります。

 

北王国でオムリ王朝が断絶された一方、南王国で王の系譜が守られたのは、ダビデへの神の約束ゆえでした。

主の約束が、希望の礎です。

主イエスの十字架と復活の福音を信じた私は、完全に罪から贖い出されました。

罪の刈り取りはあっても、救いが取り去られることはありません。

永遠に完全に、主の所有とされた自分自身を、喜んで主にささげることが、クリスチャンには求められています。

私の内に希望はありません。主の約束に生きる者に希望はあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2022 All Rights Reserved.