十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

聖徒伝137 預言者3 ヨナ書1~2章 追跡者なる神 復活 ヨナのしるし 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 執筆者は、牧師:三浦亮平です。


【資料はこちらからどうぞ➡】 137_預言者たち3_ヨナ書_神の追跡_220619 

 

1. 逃走の果てに  1章

アッシリアのニネベに告げよという主の命令に、ヨナは背いて逃走します。

イスラエルを滅ぼすと預言されたのがアッシリアです。

同胞の滅びの手助けなど耐えきれなかったのでしょう。

 

明確に背いたヨナの行く手を主が阻みました。暴風が船を襲ったのです。

必死の水夫たちの傍らで眠り込んでいたヨナに、強い拒絶の意思を見ます。

原因を探るためのくじを引き当てたのがヨナでした。

彼が天地の神、主の民だと知り、人々は非常に恐れました。

自分を海に投げば嵐は静まると言うヨナに、人々は躊躇します。

なんとか漕ぎ戻ろうとした人々は、万策尽きて、主の命令に従いました。

嵐は収まり、人々は主を恐れ、いけにえをささげ、誓願を立てました。

異邦人が悔い改めに至った一方、ヨナは魚に呑み込まれ、死んでよみに下ったのでした。

 

2. ヨナの祈り  2章

ヨナは死の淵から祈り、叫びました。背きの罪への神の裁きを認め、罪の赦しと神との関係の回復を求めました。

ヨナは、己の罪を認め、悔い改めて主の救いを得たのです。

神の恵みと、主への信仰のゆえに、ヨナは、誰もが陥る永遠の滅びから救われました。

ヨナの罪、ヨナが心にとめた偶像とは、自分の思い、判断に他なりません。

主の前に手放すべきは、私自身です。

ヨナは、救いの主に立ち返りました。

 

3. 逃れようのない追跡者なる神に

預言者として実績を積んでいたヨナ。

なのに侵略者ニネベを救う使命に抗い、逃げ出しました。

主の御顔を避けるのは、アダムが犯した罪の根源です。

 

滅びの淵で、ヨナに再び主を求める思いが与えられました。

己の罪を認め、主を求めて仰ぎ見たヨナは、主の一方的な恵みによって救い出されました。

救いとは、私のすべてが永遠に神のものになったということです。

主を信じるとは、主に従い、献げることです。

 

極限状態で人々とヨナは思いがけない信仰告白に導かれました。

「咎なき者の血の報いを、私たちの上に下さないでください」と人々は叫び、「救いは主のものです」とヨナは祈りました。

死んで、よみに下り、三日目に復活したヨナ。それが究極的に示すのは、メシアの復活です。

 

主イエスは、この時代に与えられるのは「ヨナのしるし」だけだと言われました。

主イエスの十字架の贖いと復活を信じる。それだけが救いの道です。

ヨナが悔い改めて救われたように、イスラエルの民族的回心の時は来ます。

そして、主イエスは再臨されるのです。

 

信仰者ヨナが神に背いたのは、自分の思いに捕らわれてのことでした。

ヨナ書はヨナの赤裸々な信仰告白です。

誰しも自分の未熟な信仰を突きつけられる時が来ます。

懲らしめを受けるあなたを主は見捨てておられません。

気づかされた瞬間に、悔い改めて立ち返りましょう。

 

救いは主のもの。私の人生もすべて、永遠に主のものです。

あなたに与えられた使命を素直に受け取りましょう。

それが本当の謙遜です。果たす力は主から来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 執筆者は、牧師:三浦亮平です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2022 All Rights Reserved.