動画&まとめ ⑮マルコ11:1~11 エルサレム入城 ~人々の期待と現実~

   

1. エルサレム入城 マルコ11:1~11

海抜マイナス400mから1000mへ。ヨルダンの低地から上り詰めたところがエルサレムです。

のすぐ手前、オリーブ山のふもとでイエスは、近くの村に弟子を遣わし、ロバを調達させました。

告げられた通りに手に入れたのは、まだ誰も乗ったことのない子ロバでした。人を乗せるには訓練が必要ですが、ロバも、神の子には素直に従います。

荷を運んだり、畑を耕すために用いられるロバは、平和の象徴です。

ロバに乗ってエルサレムに向かうイエスは、ゼカリヤ書9:9に預言された平和の王、メシアの姿そのままでした。

過越祭には、100万もの人々がエルサレムに集ったと言われます。おびただしい巡礼者たちは、シュロの葉をふり、上着を道に敷いて歓迎しました。

人々の賛美や振る舞いは、神の国を実現させる王なるメシアに対するもの。本来、秋の仮庵祭で行うことです。

人々が、まったく理解していなかったのは、初臨のメシアは、苦しみを受け、人々の罪を贖って死ぬために来られた、ということでした。

2. イエスの涙 ルカ19:39~44

この時、パリサイ人が抗議しました。イエスはメシアではないと結論づけていた彼らには、我慢ならない光景でした。

黙らせようとする彼らにイエスは、「もしこの人たちが黙れば、石が叫びます」と告げました。

ハバクク書2:11に、「石は石垣から叫ぶ」とあります。バビロニアに滅ぼされた民の苦しみの叫びを現すこの言葉。イスラエルには、バビロニアによるエルサレム陥落を思い起こさせたでしょう。

これは、神への背きが招いた裁きであり、イスラエルの宗教指導者の責任の重さを痛感させられます。

エルサレムの都を前に号泣されたイエス。その目に映っていたのは、70年、ローマによって徹底的に破壊されるエルサレムの姿でした。

イスラエルが公にイエスはメシアではないと拒んだ時、この時代のユダヤ人への裁きは確定してしまっていました。

イエスの嘆きの言葉そのままに、エルサレムは破壊され、神殿は、石の一つに至るまで完全に崩されました。

3. 私たちのところに主は来られた

ロバに乗り、平和の王として来られたメシア。

この主なるイエスは、神の怒りを身代わりに受け、十字架で死んで葬られ、復活するために来られました。

私たちが神と和解するためです。

主イエスは、復活の後、天に昇られ、神の右で大祭司として私たちのためにとりなし、祈ってくださっています。

そして、この時代の終わりに、キリストは、王の王として来られます。

白い馬に乗り、悪と戦い、勝利を収めるために。

すべての悪は陰府へ落とされ、世界は、エデンのような楽園へと回復されます。

イエスを信じたすべての人は復活し、永遠の喜びを生きるのです。

主イエスを拒み、神に反逆した人が、裁き主イエスに出会う。それは、永遠の滅びが告げられる時です。

平和の王イエスを招き入れ、平安の内に歩んでいくことができますように。

 - マルコ福音書 , ,