Q:クリスチャンは、左?それとも右? 信仰と政治を考える

   

Q:クリスチャンって、政治的にはどういう立場ですか?
右派? 左派? 保守? 革新? どうなんでしょう?

1.クリスチャンは、右にも左にもいます!

日本の国会に、超党派のクリスチャン議員の会があり、与党も野党も、様々な政治的立場の人が集っています。

歴代のアメリカ大統領は、民主党も共和党も、みんなクリスチャンでした(少なくとも表向きは)。

これが、個々の政策についての考えとなれば、クリスチャン内にも、さらに様々な立場や主張があるでしょう。

2.信仰は一つ。適用は様々!!

イエスの十字架の贖いと葬りと復活による福音を信じる。信仰は一つだけです。主が明確に命令されていることには、ただ素直に従うだけです。

一方、個々の判断で任されていることもあります。それをどう適用するかは、一人一人違います。置かれている状況は、みんなそれぞれ違うからです。

イエスの弟子たちの中には、熱心党のシモンという国粋主義者もいれば、イスラエルの裏切り者呼ばわりされた徴税人のマタイもいました。

パリサイ派だったパウロは、ユダヤ議会で言えば、野党の立場でした。

世の中では激しく対立していた者たちが、ただ、主イエスを信じる信仰によって、一致していたのです。

3.待ち望むのは神の国!!!

完全な統治機構が地上に建てられるのは、再臨された主イエスが王となる神の国・千年王国においてです。

それまでは、人間のどんな国も組織も不完全であり、すべてのクリスチャンが同意できる政治などありません。

神の意志を完全に反映した政党など存在しない以上、クリスチャンの政治的立場が多様なのは当然です。

政治的立場の相違は、適用の範囲です。同じ教団教派、同じ教会だから、同じ政治的立場に立たねばならないなどということはありません。

個々人の政治的意見の表明は自由になされてよいと思いますが、一つの政治的立場が強要されるなら、教会が人間的な支配の下に置かれてしまいます。

聖書には、世の権威に従いなさいという命令があります(ロマ13:1)。すべての権威は、神から来るものからです。

ですから、クリスチャンは、国が定めた法秩序に従います。

ただし、主を主として礼拝するという信仰に関わること。主の明確な定めに反することについては、主の命令を優先します。それが原則です。

 - 聖書いろいろ Q&A