Q:マインドコントールって、どういうことですか?

   

Q:カルトでマインドコントロールされるって、どういうことですか?
へんなヘルメットをかぶせられて、電気がビビビ!! …じゃないですよね?

1. マインドコントロールとは?

通常ならおかしいことに気づくことができず、本人に自覚のないまま、他者に操作されている状態を指します。

2. マインドコントロールに陥るまで

①入り口は広く、優しく、親切に

カルトの勧誘は、優しく親切です。初めての人は、大歓迎されるでしょう。「ラブシャワー」と呼ばれるものです。

誰でも、親切にしてくれる人には好意を抱くものですし、相手を失望させたくないという思いを持ちます。ついつい、相手の望む反応をしてしまうのです。

そういう心理を巧みに利用する術を心得、身につけているのがカルト指導者だと言えます。

②あなたのニーズに応えてくれる

人生の真の目的、世界の謎が分かりますとか、あなたを愛します、などと、その人のニーズに合わせて語りかけてくれます。

③教理が延々と教えられていく。

生じた疑問は、学んでいけば分かるとごまかされます。愛の実践こそ大事で、考えこむのがおかしいなどと言われます。

学びを始めたら迫害が起こると、あらかじめ告げられたりもします。

長時間、祈り続ける、断食させるなど、心身にストレスをかけて、暗示にかかりやすい状況が作り出されます。

また、「○○先生に賞賛された」などと、権威を最大限利用します。

3. マインドコントロ-ルの実体

①情報のコントロール

外部からの情報を遮断するために、メンバーだけで住まわせたり、あるいは、外部との接触が堕落につながると教え込んだりします。

他の教会の牧師や信徒との交わりを禁じ、指導者の許可を求めさせたりするのです。

②行動のコントロール

プライバシーや自由な時間、行動が奪われていきます。金銭の使用や衣食住すべてにも統制が及んでいきます。その権限は、指導者の手にあります。

奉仕に追い立てられ、常に心身が疲労した状態に置かれます。しかし、その厳しさこそ、指導者の愛の現れだと、かえって魅力を高めていくのです。

模範的なメンバーは皆の前で誉められたり、ご褒美を与えられます。

一方、指導者の気に召さなければ、公然と叱責されたり、厳しい自己反省を強いられたりします。

メンバーは、指導者の極端なアメとムチにより、無条件に服従するよう条件付けられていきます。

③思考のコントロール

繰り返し唱えられるスローガンや教理を、反復して学ばされていきます。

その集団内だけで理解される特殊な用語が用いられることも多く、その言葉を聞くたびに、スローガンや教理を思い起こさせられるのです。

日常的なことまで報告を求められ、意思決定権は指導者に明け渡されていきます。

自由に考えられなくなり、ついには、自分の思考に罪悪感や恐怖感を抱くようになっていきます。

④感情のコントロール

集団のメンバーであることの特権意識や誇りが高められ、強められます。

結束が強められる一方、外部の集団に対しては、冷笑や蔑視のような否定的な感情を抱かせられていきます。

また、“外部の集団から、いわれのない迫害や攻撃を受けている”という被害者意識が煽られていきます。

メンバーが疑問を抱くことのないよう、時間的余裕も奪われます。危機感が煽られ、目前の目標達成のために邁進するよう強く促されます。

その集団内だけが安全な場所であり、外に出れば破滅が待っているといような恐怖心を植え付けられます。

離脱が脳裏をよぎるだけで、動悸がし、パニック状態に陥ったりもするのです。

4. 自分は大丈夫、は、とっても危険

強制だと感じさせないで、当人の心を巧みに縛っていくのが、マインドコントロールです。

選択する自由が奪われてしまっているのですが、当人に自覚がないのが、厄介なところです。

マインドコントロールの状態に、時間をかけて、少しずつ陥って行くのです。

ですから、カルト被害者の心身の回復には、その集団に関わっていたのと同じか、それ以上の時間が必要とされると言われるのです。

カルトは、多くの犠牲を求めます。それまでの人間関係や仕事や生活も奪われてしまった後に、そこを出ようとしても、行き場所もないのであれば、袋小路に陥ってしまいます。

捧げた時間、お金、労力がすべて無駄だったとは、認めたくもありません。

5. 実から判断しよう! 事実を観察しよう!!

偽預言者は実によって見分けよと、主イエスは言われました。(マタ7:16)

巧みに粉飾されていても、事実はちらほらと顔を出します。言葉に踊らされず、事実を観察しましょう。

 

愛の実践者が、そうも簡単に怒鳴り声を挙げるでしょうか?

弱い立場の人に、理不尽な仕打ちを向けるでしょうか。

正しい人に、どうしてそんなに隠し事があるのでしょうか。

公正な組織なら、なぜ金銭的なことが明らかにされないのでしょうか。

「○○先生に目をかけられた」とは、一体、誰が言っていることでしょうか?

「あんなにしてあげたのに」というのは、愛でしょうか? あなたに恩を着せて、重い負債を負わせ、縛り付けているだけではないでしょうか。

その指導者は、自分への批判に真摯に耳を傾けられる人でしょうか?

自分の非を認めて、謝罪できる人でしょうか?

 

主イエスは弟子たちの足を洗われ、言われました。

「あなたがたも互いに足を洗いあいなさい」と。

自らを低くされ、見返りを一切求めない愛が、主イエスの十字架の愛だと、真実の愛だと、キリスト者なら知っているはずです。

 

【参考文献】

「カルトからの脱会と回復のための手引き」 日本脱カルト教会

【関連記事】

Q:カルト化した教会の特徴って?

 - 教会のいろいろ, 聖書いろいろ Q&A , ,