十勝の鹿追町 聖書と人生のいろいろ

Q:○○○は、罪ですか?

2017/12/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

Q:これは罪ですか?って、いちいち、誰かに聞いて確認しなきゃいけないものでしょうか?
これは罪だって、一口で言える基準ってありません?

1.大前提として、みんな罪人です!

これは罪か、と、特定の罪を取り上げる以前に、大前提として確認しておく必要があります。

つまり、人はすべて罪人だ、ということです。

罪の語源は「的外れ」。罪とは、根源的には神と離れていること。人は、(神と離れた)罪人だから、罪をおかすのです。

神と断絶した状態そのものが、死です。

すべての人は罪のゆえに、死に定められています。つまりは、死刑囚です。死刑囚に、死刑囚の身代わりはできません。

人類の罪のゆるしのためには、まったく罪のない神ご自身が、人として来られ、身代わりとなる必要がありました。それが、イエス・キリストです。

2.聖書の救いは、神の怒りからの救い!!

罪人である人間を待ち構えているのは、肉体の死であり、永遠の滅びです。

義の神は、悪を見過ごしません。神は、罪を憎み、罪人に怒りを燃やされます。

キリスト教における救いとは、神の怒りからの救いです。

私たちが受けるべき神の怒りの杯を、身代わりに飲み干されたのが、イエスでした。

ですから、救われるためには、イエス・キリストが、自分の罪のために十字架につけられ、死んで葬られ、復活されたと信じ、神をそのような方として、人生に受け入れることが必要なのです。

3.罪を教えるのが、聖霊です!!!

何が罪か。聖書は、個別具体的にすべて記している訳ではありません。

罪とは、神から離れている状態そのものですから、自分が評価されたくて、心が神から離れたまま善行を行っても、その人は、罪に陥ったままです。その人の内面の、霊的な状態が問われます。

イエスは、宗教的には熱心だったパリサイ派を、偽善者と非難しました。形ばかりで、心が伴っていなかったからです。

表面だけ形を整えて安心してしまうところが、私たちにはありますよね?

でも、神様は、私たちの内面もすべてご存じですから、ごまかしようがありません。

 

簡単に神から離れてしまう、私たちを導くのが、信じる者に与えられた聖霊です。

聖霊が、信者の罪を教えてくれるので、その都度、信者は、悔い改めて神に立ち返ることができるということです。

自分の罪の実態に、自分で気づけないのが人間です。

何が罪かと詮索する前に、自分は今、神とつながっているのかと、確認し続けることが、とても大切だと思います。

日々聖書を読み、学び、神からの問いかけを受け取る。聖書の黙想、デボーションは、大きな助けになります。

また、祈りあえる信仰の兄弟姉妹との関係も大切です。

無自覚なまま、神から離れてしまっているような時に、それを指摘し、立ち返るよう、励ましてくれる人の存在は、信仰者の歩みに欠かせません。

【関連記事】
Q:罪、罪、言われてうんざりなのですが?
わたしにも罪があるんですか? 原罪と死と救いの方法
Q:人は、どうして罪を犯すの?

この記事を書いている人 - WRITER -
2016年9月に、十勝鹿追町オープンした小さな教会です。,Voluntarily(自発的に),Open(開放的に),Logically(論理的に),聖書を学んでいます。史上類をみない大ベストセラー、聖書について、一緒に学んでみませんか? 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 , 2017 All Rights Reserved.